記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本地震《大和晃さん》行方不明『捜索を打ち切られ』諦めずに捜した家族の絆!



熊本県は、8月11日に阿蘇大橋の下流付近で収容した遺体について、熊本地震で行方不明となっている大学生・大和 晃(ひかる)さん(22)と確認した。

熊本地震でただ1人、行方不明となっていた阿蘇市の大学生・大和 晃さんの遺体は、阿蘇大橋の下流付近で8月11日に収容された。

およそ4カ月にわたり、いとしい息子を捜し続けた両親は、熊本県南阿蘇村の黒川の現場で発見された遺体がヘリコプターに収容されたのを対岸の崖の上から見届けると「やっと自分たちの時間が動き始める」ようやくほっとした表情を見せた。

このページでは

◆熊本地震により大和晃さん行方不明
◆諦めず支援者とともに捜索を続ける家族
◆熊本県が大和晃さんの捜索を再開
◆4カ月ぶりに家族の元に帰る大和晃さん


について説明します



大和晃さんの遺体を収容したヘリコプターを見送る(左から)大和晃さんの父卓也さん、母忍さん、兄翔吾さん=11日午後5時46分、熊本県南阿蘇村 写真・西日本新聞





◆熊本地震により大和晃さん行方不明

大和晃さんは4月15日夜、熊本地震の前震で被災した熊本市の友人宅に飲料水を持って行き、4月16日未明に乗用車で自宅に帰る途中、本震に襲われ大規模な土砂崩れに巻き込まれたとみられている。

両親は連日、行方がわからない大和晃さんを警察署や南阿蘇村役場に捜索を要請して回った。

余震が続き、崩落現場付近での捜索は進まなかった。「捜索の動きも見えず、何を信じていいのか分からない状況だった」と(大和晃さんの父)卓也さんは振り返る。

本震から1週間後、初めて残された家族で阿蘇大橋の崩落現場を訪れた。

「ただただ、崩落の規模に驚いた」
(父・卓也さん)

熊本県は5月1日、「二次災害の危険」などを理由に捜索打ち切りを伝えられた。

5月13日午後、熊本県庁。地上捜索の再開を求め、両親は蒲島郁夫県知事に面会した。

だが、前向きな言葉は聞かれず、父の表情は曇り、母は涙が止まらなかった。「どん底だった」と2人は言う。


◆諦めず支援者とともに捜索を続ける家族

卓也さんは仕事を午前中で切り上げ、(大和晃さんの母)忍さんも休職して崩落現場付近を連日訪れた。

下流側の大津町で情報提供を呼び掛けるチラシを配り、支援者とともに独自の捜索を続けた。


6月23日、阿蘇大橋崩落地点の約5キロ下流で、車の金属板を発見。熊本県警の調べで、大和晃さんの車と同じ車種と判明した。

7月24日には崩落した阿蘇大橋の約400メートル下流を捜索。そこで、岩の隙間から、大和晃さんの車と同じ黄色の車体を見つけた。行方不明になって100日目だった。

◆熊本県が大和晃さんの捜索を再開

8月9日、家族の要請を受け、熊本県は県警や消防など約80人態勢で捜索を再開した。

10日、車体の運転席辺りで、捜索隊がついに紺色の衣服と、遺体らしき一部を見つけた。

大和晃さんは上着とズボンを身に着け、車内からは大和晃さん名義の通帳や片方の靴、携帯電話も見つかった

「生きているという期待もどこかにあった。残念だが、もう少しだと思う。明日、必ず出てきてほしい」
(父・卓也さん)

11日、大和晃さんの捜索再開から3日目。猛暑の中で父卓也さんと母忍さん、兄の翔吾(しょうご)さんら家族は、朝から崖上に立ち時折双眼鏡をのぞき込んでいた。

「今日こそは晃を引き上げてあげたい」

祈るように捜索を見守り続けた。

捜索再開から3日目、車体の引き上げは、車体が岩などに挟まれて動かないために断念した。

代わりに運転席あたりで前日に見つかった遺体とみられる一部の周辺で車体を切断し遺体を収容する作業に着手した。

ドア部分などを慎重に少しずつ取り外す、この日の捜索は日没まで延長された。

◆4カ月ぶりに家族の元に帰る大和晃さん

午後5時20分ごろ、崖上から作業を見守る父・卓也さんの携帯電話に熊本県の担当者から遺体収容の連絡が入った。

そして同40分に遺体搬送のために上空をヘリコプターが旋回すると、母・忍さんは現場に向かって叫んだ。

「晃、もうすぐ帰れるよ」

大和晃さんを乗せたヘリが現場を飛び立つと、卓也さんら3人は離れていくヘリに何度もおじぎを繰り返した。

「家族みんなの願いが今日かなった。晃に『お帰り、きつかったね、寂しかったね』と言ってあげたい」

忍さんは声を振り絞った。

午後7時20分すぎ、遺体が運ばれた大津署を卓也さんら3人が訪れた。

熊本県警によると、検視室で焼香し、1時間20分ほどで退室した。卓也さんは目を真っ赤にはらし、無言で署を後にした。

遺体は、警察のDNA鑑定の結果、14日、大和晃さんのものと確認された。

「鑑定の結果が出ない限りは、連れて帰れないということでしたので、やっと連れて帰れるというところで、1つの安心は出てきました」
(父・卓也さん)

熊本県は、大和晃さん死因について「多発性外傷の可能性が高い」としている。熊本地震による死者は、これで、あわせて50人となった。

参照・西日本新聞







なぜSMAPは年内解散することになったのか?『育ての親』退社から解散まで

SMAPメンバー内の人間関係。解散派と存続派。写真・スポニチアネックス


《SMAP年内解散》メンバー5人のコメント全文!解散騒動から年内解散まで

年内解散を表明したSMAP


浜松《国領屋一家》トラック相次いで突っ込む!『山口組分裂』抗争事件の報復か

国領屋一家の関連先の建物に突っ込んだトラック=10日午後 浜松市 写真・静岡新聞


柴咲コウ《破局》「和牛王」浜田寿人氏に別れを告げる!出会いから破局まで

柴咲コウとスピード破局・和牛王 浜田寿人氏 写真・antenna-news.net


《福原愛》リオ五輪後に『結婚』か江宏傑(ジャンホンジエ)のプロフィールなど

福原愛と江宏傑のツーショット写真・clippy.red
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。