記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《水泳男子400m個人メドレー》リオオリンピック初の金 萩野公介・瀬戸大也も銅



男子400メートル個人メドレーの決勝
萩野公介1位 金メダル
瀬戸大也3位 銅メダル


リオデジャネイロ五輪第2日(6日=日本時間7日、五輪水泳競技場)男子400メートル個人メドレーの決勝が行われ、萩野公介(21)=東洋大=が4分6秒05の日本新で優勝、今大会日本勢の金メダル第1号となった。瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=も4分9秒71秒の3位となり、銅メダルを獲得した



男子400メートル個人メドレーでリオオリンピック初の金メダルを獲得した萩野公介 写真・デイリースポーツ


萩野公介は約9時間前に行われた予選を全体3位、瀬戸大也は2位で通過していた。

萩野公介は栃木・作新学院高3年で出場した前回2012年ロンドン五輪の同種目で銅メダルを獲得しており、2大会連続のメダル。瀬戸大也は13、15年の世界選手権で同種目を連覇していた。
参照・サンケイスポーツ


《リオデジャネイロ・オリンピック速報》

《がんばれニッポン》リオオリンピック速報・全競技『日程と結果』注目選手など






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。