記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる『抜け毛』1日何本までセーフ?《髪の毛は自然と抜ける》基礎知識!


『抜け毛』が気になりだしたあなたへ

シャンプーした後の洗い流しで抜け毛が気になりませんか?

ブラシについた抜け毛を目にすると「自分ばかりがたくさん抜けているのでは?」と心配になりませんか?

寝て起きた時に枕やシーツに抜け毛がついていると絶望的な気持ちになりませんか?



安心して下さい!髪は日々かなりの本数が抜けるのが普通です。

ここでは、髪の成長サイクルや抜け毛の本数を変化させる要因など、抜け毛の本数についての基本的な知識をまとめています。



抜け毛が気になるあなたへ 写真・maternityhair.web.fc2.com







▼1日に抜ける本数は100本近くにもなる


一般的な1日の抜け毛の本数は、50本から100本程度と言われています。

100本というとかなり大量に感じる方も多いかもしれませんが、髪の全体量は10万本なので、「1日に髪全体の0.1%が抜けている」と考えれば、そう不思議なことでもないのではないでしょうか。

抜け毛の量は季節によって変化がある他「産後」や「ピルの使用をやめた直後」もホルモンバランスの問題から抜け毛の量が増え、しかも半年近く続くこともあります。







▼「抜け毛シーズン」には200本以上抜けることも


1年のうち、もっとも抜け毛が増える時期と言われている季節は秋です。

秋になると、1日200本以上抜けることも珍しくないのだそう。

秋に抜け毛が多い理由は、「動物と同じように冬毛になる」「夏の日焼けやダメージが影響して抜け毛が増える」などが考えられますが、通常は1ヶ月もしないうちに、元通りの抜け毛の量に戻ります。







▼抜け毛の大部分は洗髪時に発生している


では、毛は1日のうちにどのタイミングで抜けているのでしょうか。

やはり1番多いのは髪を洗っている時です。

1日の抜け毛の半分以上はシャンプー時に抜けています。

ただし全ての抜け毛がシャンプー時に初めて抜けるわけではなく、すでに抜けていた毛がお湯で流すことによって髪から洗い出されることがほとんどですから、よほど乱暴な洗い方をしない限りは、シャンプーが原因で抜けてしまうということはありません。

ブラッシングをした後も、抜け毛が気になるものですね。

ブラッシングでもすでに抜けた毛が浮いてきますが、無理にとかそうとすると髪がひっぱられて抜けてしまったり、途中で切れてしまったりするので注意しましょう。

他にも、寝て起きた時に枕やシーツに抜け毛がついているものです。

全てをトータルして100本くらいが許容範囲と考えて、簡単にチェックしてみるのもいいかもしれません。





【スポンサーリンク】
ヘアリプロ初回お試し商品【薬用スカルプケア】

□諦めるよりも信じることに賭けてみろ!







▼抜け毛の本数が多いからといって薄毛にはならない


ただし、毛は抜けるばかりではありません。

抜ける一方で、新しい毛もちゃんと生えてきます。

髪の毛全体の1割程度は「休止期」といって、頭皮の下で毛母細胞がお休みしている状態です。

お休み期間は2、3ヶ月で、それを終えると随時新しい髪が生えてきますから、先に取り上げたように「毎日髪全体の0.1%が抜けている」ということと合わせて考えると、多少季節的な要因で多く抜けることがあっても、髪の量は保たれると考えて大丈夫なのです。









▼抜け毛の本数よりも「増減」と「残っている髪」に注目


以上のことから、抜け毛の本数だけで髪と頭皮の状態を判断することは、あまり得策ではないことがわかります。ただし、

・産後やピルといった要因がないのに急に抜け毛の量が増えた


髪全体のボリュームが減ってきた


・かゆみやフケ、べたつきも気になる

といった症状があるようなら、それは抜け毛対策を今すぐ開始すべきというサインです。

ヘアケアだけでなく、食生活や睡眠の見直しもすると、だんだんと抜け毛も落ち着いてくるはず。

また、血行を良くするために適度に身体を動かしたり、マッサージをしたりすることもおすすめです。
tiful.jpより出典



【スポンサーリンク】







【関連商品】






【関連記事】
《抜け毛対策》ヘルメット・帽子内部【真夏の熊谷市】『高温多湿』頭皮を救え!

ヘルメットや帽子をかぶり続けるとハゲる? 写真・毎日新聞



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。