記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊が保護!《奇跡の発見》必死の大捜索!『まとめ』置き去り 北海道


5月28日に北海道七飯町で置き去りにされ行方が分からなくなっていた北海道北斗市の小学2年・田野岡大和君(7歳)が保護されました

目立った外傷はないという

田野岡大和くんは6日間なにをしていたんでしょうか?

陸上自衛隊の演習場内にある雨宿り用の小屋の中で雨宿りをし、小屋の外にある蛇口から水を飲んで過ごしていたそうです

そこでこのページでは田野岡大和君が置き去りにされてからの数日間

必死の大捜索を《まとめ》ました

《5.28》▼田野岡大和君が山林で行方不明
《5.29》▼山菜採り嘘!《しつけ》置き去り
《5.30》▼大和君の小学校職員も捜索に
《5.31》▼両親「山の上の方捜して」
《6.01》▼陸上自衛隊も捜索に加わる
《6.02》▼1メートル間隔「ローラー作戦」
《6.03》▼『奇跡』無傷で保護
▼『田野岡大和君』置き去り《まとめ》



北海道の山中に置き去りにされ6日後に保護された田野岡大和君 写真・日本テレビ





▼田野岡大和君が北海道の山林で行方不明


5月28日
函館地方・夜一時雨


田野岡大和君(7歳)が行方不明になった第一報は、家族で山菜採りに北海道七飯町の山林に入り、田野岡大和君が行方不明になったとのことでした

通報を受けた警察と消防が北海道七飯町の山林を捜索しました

現場は「留(とめ)の湯」温泉から西方向に未舗装の道路を約1キロ入った山林内。起伏のある斜面と沢が入り組み、道路の上にはJR函館線(砂原回り)の鉄橋が交差する場所






▼山菜採りは嘘!ほんとは《しつけ》


5月29日
函館地方・最低気温8・1度


朝から田野岡大和君の捜索を再開しましたが29日も発見できませんでした

この日、両親から新事実が明らかになりました

当初、山菜採りをしていて行方不明になったと証言していた両親が

田野岡大和君は家族で道南の北海道鹿部町の公園で遊んでいた時に人や車に石を投げ付けたとして両親に叱られ、しつけとして山林に置き去りにしたと言い出したのです

29日午後5時ごろ、両親にしつけとして置き去りにされ

両親は車で500m程走り数分後にしつけとして置き去りにした場所に戻ると田野岡大和君の姿がなく、行方不明になったという

29日の捜索は午前5時から実施。

前日の50人から約180人に態勢を拡充し、道警や消防、町役場の職員らが行った。

道警と道のヘリも加わり、置き去り現場付近から、範囲を広げて捜索が続けられた。

◆嘘をついた理由について

山菜採りで行方不明になったと嘘をついた理由について父親(44)

「本当のことを言うと(虐待をしたなどと)疑われるかもしれず、世間体を気にした。多くの皆さんに迷惑をかけ、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

と言うコメントを残しています

◆大和君と同じ習い事をしている娘の親

「やまとー、出てきて」

田野岡大和君と同じダンススクールに娘が通っているという女性(37)は、警察官や消防署員らがせわしなく行き交う林に向かって懸命に声をあげた。







▼大和君の小学校職員も捜索に


5月30日
函館地方・最低気温12度


北海道北斗市の小学2年・田野岡大和君は、まだ有力な手掛かりは見つかっていません。

30日は警察と消防に加えて大和君が通っていた小学校の職員も応援に駆け付けました

現地の捜索本部

「予定していた区域をすべて捜索完了しましたが、手掛かりも含めて全く発見には至らずという状況です」

午前中の捜索が終わってなお、まだ有力な手掛かりは見つかっていません。

警察は捜索範囲を拡大して、130人態勢で空き家なども捜しました

現場には親戚や知人らも詰めかけ、大和君の名前を呼びながら道路沿いを捜したり、捜索活動を見守ったりしていた。

田野岡大和君の祖父(64)は「両親ともに優しく、(置き去りにしたのは)どういう経緯なのか想像がつかない」と憔悴(しょうすい)しきった表情で話した。

田野岡大和君の父親の職場の同僚男性は「軽い気持ちで置き去りにしたのだろうか。早く帰ってきてとしか言いようがない」と言葉少なに語った。

明るく活発な性格でクラスメートから慕われ、近所で父親や姉と遊ぶ姿が見られるなど家族の仲の良さも評判だった。

◆北斗市浜分小学校で緊急全校集会

田野岡君が通う北斗市浜分小は30日午前、緊急の全校集会を開き北斗市浜分小学校校長が行方不明となった経緯などを伝え、「一刻も早く無事に見つかることを祈りましょう」と呼び掛けた。児童らは真剣な表情で聞き、動揺した様子はなかったという。

北斗市浜分小学校校長は集会後、報道陣の取材に応じ、田野岡君について「いつも笑顔で人なつっこい子。友人関係も良好だった」と話し学校では、父親と北海道日本ハムファイターズの試合を観戦した話を日記に書いてうれしそうに発表したこともあり、「大変仲の良い家族だと思った」という。

田野岡君は両親、姉と4人暮らし。父親とキャッチボールをしたり、姉と遊んだりする姿もよく見られていた。家族をよく知る女性(38)は「元気でちょっといたずら好きだけど、両親にすごくかわいがられていた」と振り返る。

田野岡君が行方不明になった現場にはこの日も知人らが訪れ、安否を気遣った。親戚の男性(74)は「心配でしょうがない。明日も捜しに来る」と話し、無事を祈った。
北海道新聞






▼両親「山の上の方に沿って捜して」と要請


5月31日 115人体制での捜索
函館地方・曇りのち雨


両親の要請で、午前中、駒ヶ岳中腹に続く砂防ダム沿いの林道を中心に調べる。

(保護された自衛隊の小屋は駒ヶ岳の裏側)

行方不明になった28日に撮影された田野岡大和君の写真を公開し、情報提供を呼びかけている。

31日は、行方不明になった七飯町の大沼を中心とした約15キロ四方に範囲を広げて捜索する予定だったが、30日夜に両親から「山の上の方に沿って捜してほしい」と要請があったという。

JR函館線の線路下にクマのフンが見つかったことなどから、捜索には2人のハンターも投入した。
読売新聞

「山の上の方に沿って捜してほしい」と要請した意味は、田野岡大和君を置き去りにして両親は山の下に下った

数分後に戻る際に、下から置き去りにした場所に走ったが田野岡大和君とは合わなかったので「山の上の方に沿って捜してほしい」と要請した

◆一度車に乗り込んだがもう一度降ろされた

当時の状況だが、大和君が、ここで車から降ろされた際、一度は車に乗り込んだものの、しつけのために、もう一度、車から降ろされ置き去りにされていたことがわかった。
フジテレビ

◆毎日現場に訪れる田野岡大和君の祖母

毎日、おばあちゃんが現場に訪れていますが、取材に対しては言葉少なでした

大和君の祖母

「どうもご迷惑をお掛けしまして」
(Q.お体、大丈夫ですか?)
「何とか頑張っております。元気で帰ってくるだけが…」
テレビ朝日

◆ビッグダディ置き去りにした父親へ同情

ビッグダディこと林下清志氏(51)が31日、ブログを更新し、しつけの一環として子供を北海道の山中に置き去りにしてしまった父親へ「今あのお父さんを責めるつもりにはとてもならない」と同情を寄せた。

「躾としての方法としての論議はあるのでしょうが…。一般論や育児論を持ち出して、今あのお父さんを責めるつもりにはとてもならないのです」

と理解を示し

「自らが招いてしまったこの事態に、お父さんの後悔の気持ちもいかほどかと察してつらくなります」

と、同じ父親として、同情を寄せていた。
デイリースポーツ

◆置き去りから72時間、雨で捜索打ち切り

15時頃から雨が降りだし予定より3時間早い16時頃に二次被害を防ぐために捜索が打ち切られた

◆七飯町は陸上自衛隊に災害派遣を要請

七飯町は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

6月1日の捜索は、陸上自衛隊も加わり、午前8時から約185人態勢で再開する。






▼置き去りから5日目・陸上自衛隊も加わる
6月1日

小学2年田野岡大和君(7)が置き去りにされ、行方不明になってから5日目の1日、陸上自衛隊も加わって約200人態勢で捜索が行われた。

陸上自衛隊は道警や消防がこれまで捜索できていない駒ケ岳の南山麓を中心に、15キロ四方の範囲を捜した。

陸上自衛隊には町が道を通じて要請し、函館駐屯地(函館市)の隊員75人が参加した。

前日に降った大雨で捜索現場はぬかるんでおり、道警や陸自は天候状況を見ながら活動した。
時事通信より

◆全国から「早く自衛隊に捜索を」声が複数

七飯町役場には全国から「早く自衛隊に捜索を」という趣旨の電話やメールが複数寄せられて

31日夕、道に対し陸上自衛隊出動要請に踏み切った。
函館新聞より

◆自衛隊、警察や消防の入れないエリア担当

消防などによると、捜索範囲とした現場周辺の約15キロ四方には、険しい地形のため道警や消防の装備では立ち入れず、未捜索のエリアが残っていた。

捜索隊約200人のうち陸上自衛隊の約70人はこうした場所を担当、見落としがないよう努めた。

函館中央署によると、これまでに遺留物や足跡は見つかっていない
産経ニュース






▼1メートル間隔で「ローラー作戦」


6月2日(晴れ)最高気温17度

道警や地元消防によると、男児の行方がわからなくなった場所を中心に半径約3キロ・メートル圏内を重点的に捜索。陸自の全地球測位システム(GPS)を活用し、1メートル間隔で横一列に並んで進む「ローラー作戦」を実施するという。
読売新聞より

◆陸上自衛隊『進むのも大変』

2日も陸上自衛隊第28普通科連隊(函館)の75人を含め計203人の態勢で朝から捜索に当たる。

陸自はこれまで立ち入っていなかった場所を中心に捜し、オートバイで駒ケ岳中腹にかけての林道も捜索

消防や警察、七飯町、北斗市などの職員は前日より範囲を広げて捜した。

「木々が生い茂って進むのも大変だ。かなり時間がかかる」
自衛隊員の一人は周囲にこう漏らした。

自衛隊が入った地域は、高さ約6~7メートルの崖や樹木の枝で入るのが難しい場所もある。

約70人の隊員は衛星利用測位システム(GPS)などを携え、「『捜索漏れ』の場所がないよう横一列になり、枝を押しのけるようにして進んだ」(函館駐屯地広報班)という。
北海道新聞






▼田野岡大和君『奇跡』の保護


6月3日

大きな手がかりもない中、捜索の規模が3日から縮小される予定

◆田野岡大和くん自衛隊が保護

北海道の七飯町で先月28日、両親にしつけとして山林に置き去りにされた小学2年の田野岡大和くんが3日朝、七飯町の隣、鹿部町の自衛隊の演習場内で無事、保護されました

3日午前7時50分ごろ、鹿部町の自衛隊駒ヶ岳演習場内にある雨宿り用の小屋の中に田野岡大和くんがいるのを隊員が発見

警察によると男の子は「田野岡大和」と名乗っているということで、服装などから28日から行方がわからなくなった北斗市の田野岡大和くん(7)と確認された。

田野岡大和くんは、目立った外傷はないということ。

大和くんは

「土曜日の夜からこの小屋にいた。1人で山の中を歩いてきて雨宿りをしていた。外の蛇口から水を飲んでいた

また自衛隊の雨宿り用の小屋の中にあるマットに挟まり寝ていた

と話しているという。

搬送先の病院で両親と面会し、両親が本人と確認したという。

◆搬送先の病院で会見

北海道七飯町で行方不明になっていた7歳の田野岡大和君が搬送された北海道函館市の市立函館病院が3日午前、会見を行いました。

搬送された病院

「午前9時9分にドクターヘリにて当院に搬送されました。小児科医師と救急科医師にて診療を行っております。ほぼ1週間、水分しか取っていませんので、きょう自衛隊が発見したことによっておにぎりを2つ取ることができています」





▼『田野岡大和君』置き去り《まとめ》


田野岡大和君、無事保護『おめでとうございます』

正直『絶望的』だと思ってましたので田野岡大和君、無事保護の報せにはビックリ鳥肌が立ちました

もしも田野岡大和君が生きているのなら、犯罪に巻き込まれている、とまで考えていました

それが小学2年の田野岡大和君は自分1人の力で生き抜き保護されるなんて奇跡だと思います


両親は、しつけの為に田野岡大和君は北海道の山中に置き去りにして『お灸』を喫えるつもりでしたが

今回『お灸』を喫えられたのは間違いなく両親でしたね

そして『しつけ』とは何か?について考えさせられる騒動でした


ほぼ1週間を小学2年の田野岡大和君は1人で生き抜きました、このことから手の付けられないワンパクな子供だということが伺えます。

また田野岡大和君の持つ底知れぬパワーと危機管理能力に感動しました
(ホントは置き去りにされた場所から動いたらダメなんだけどね^_^;)

今後の活躍を期待しています。



《長渕剛・伝説の10万人ライブ》また1つ新たな伝説が!ヘリパイロット書類送検

長渕剛さん 写真・TBS


《DNA鑑定》本田正紀!女子高生に下半身を触らせ現場に残した『遺留品?』練馬区

女子高生に無理やり下半身を触らせて逮捕された本田正紀容疑者43歳 写真・テレビ朝日


《虐待》児童福祉施設で『保護された理由』と中谷道博容疑者と母親の顔写真! 奈良

写真・pref.osaka.lg.jp


田野岡大和君の《父親があやしい》と噂される『7つの理由』北海道 置き去り

田野岡大和くんの父親


東京・都道《171キロ走行》ワイルド石橋学逮捕!気になる乗用車の車種は?

ワイルドな髪型の石橋学容疑者 写真・TBS









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。