記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元『らいみん』の場所にできた『酔軒』店舗内の雰囲気と味噌ラーメン!



清水区押切、北街道沿いに新しくできた『酔軒』を紹介しようと思います



このページでは

▼『らいみん』との関係
▼『豚風亭』とは?
▼『酔軒』店舗内の雰囲気
▼『酔軒』塩ラーメン・味噌ラーメン
▼『酔軒』まとめ


について説明します


『酔軒』味噌ラーメン



▼『らいみん』との関係


新しくできた『酔軒』と言われても「どこに?」と言う人が多いと思いますが

押切の『らいみん』のあった場所にできたラーメン屋さんと言えば『あ~!』と分かる人も多いと思います

『らいみん』が店を閉る最後の1週間は、別れを惜しむ、お客様で行列ができた日もあったようです

その『らいみん』の後釜に『酔軒』はできました

らいみんと同じ建物の外装に酔軒と店の名前が入った赤いテントが目印になっています

『らいみん』との関係ですが、特に無いように思えます

と言うのも『酔軒』は、北街道を約1km西へ行った場所にある『豚風亭』の2号店だそうです






▼『豚風亭』とは?


酔軒の紹介なんですが豚風亭の2号店と言うことなので『豚風亭』の紹介をします

そもそもあの場所は『和風ラーメン』と言う名のラーメン屋さんがあり…

話が長くなりそうなので『豚風亭』の歴史については後日、時間があるときに掲載しますね^_^;


豚風麺 写真・kyou-docchi.ldblog.jp

◆『豚風亭』食べログより

開店当初はカナキン系のプロペラ麺に相当するメニューが豚風麺だった気がしましたが、なんだかんだ二郎系のガッツリ麺に店名を冠して「豚風麺」となった様子。

今回はこちらの豚風麺を頂きました。

ブッチャー、タブーなど、ガッツリ系は量推しのインパクトルックス重視でクオリティは二の次的な感じもしていたのですが、こちらの豚風麺もご多分にもれず、山盛りの野菜とドデカチャーシューで十分なインパクト。

野菜を押しのけまずはスープをひと啜り。

おっ!?美味いよ。これ。

ちょっと色黒なごわっとした麺をごわっしゅとワイルドに箸で持ち上げ啜るというよりムシャムシャと食してみると、

あれっ?嫌いじゃないっ!美味いよ。これ。

大量の茹で野菜をスープにぐいっと押し込み麺と一緒にわしゃ~と頬張ると、

おー、いいバランス!これいけるわー。
これなんだよねー。モヤシが麺とスープの良い感じのつなぎになってる感じ。乗せモンじゃなくて合わせて一杯なんですよね。

よく、モヤシがいっぱいで、麺に辿り着かないとかそう言う表現あるじゃないですか?あれ、美味しくない二郎パクリ系なんですよね。意味あって乗ってるんですよ野菜。

意外な感覚です。料理になってるモン!!
正直、クオリティ二の次では無く、意外にも繊細な味付けだったりするのです。

夢中でワシワシ食べてあっという間に完食。
いいボリュームでもある。満足度も高い。

大抵、スープは醤油が強くてとても飲めたものではないケースが多いこれ系ラーメンですが、味はしっかりしているのに塩っぱさも良い塩梅と言う見事な仕事。
食べログ koharutakeruさんより出典



個人的に『豚風麺』は、もやしが多すぎて麺に辿り着くまえに断念してしまった記憶があります

人それぞれですので好きな人には『たまらないラーメン』だと思います







▼『酔軒』店舗内の雰囲気


話を『酔軒』に戻します。

『酔軒』店舗内は『らいみん』と同じと思ってくれれば間違いないですが

らいみんを知らない人もいるでしょうから説明します

引き戸を開けて『酔軒』店舗内に入ると土間の通路になっていて左側がカウンター、その奧が厨房、カウンターの上に大型の薄型テレビがつけてあり、土間から右側の一段上がった座敷からテレビがよく見えました

土間の通路をまっすぐ進むと一段上がった座敷があります

今回は奧の座敷へは行きませんでしたが、おそらくここにもテレビがあると思います

奧へ行かなかったので座席数が定かではないですが『らいみん』当時の記憶ですと

奧座敷4人テーブル 約6

入り口の座敷4人テーブル 約6

カウンター 約6

広い店舗になっています

今回『酔軒』に行った時間が21時過ぎでしたが手前座敷に3組、奧は行きませんでしたが1組居たのが見えました

手前座敷の3組は、アルコールを飲みながらカウンター席、上の薄型テレビから流れる女子バレーオリンピック予選を観戦してました

メニューは一品物が多く、『酔軒』はラーメン屋さんと言うより中華飯店と言った感じの店でした






▼『酔軒』塩ラーメン・味噌ラーメン


今回は友人宅へ『からあげ大ちゃん』を持ってお邪魔し、ビールを嗜み〆のラーメンに友人と『酔軒』に立ち寄りました

お互い『酔軒』になってからは初めてで、店員さんにお勧めを尋ねると塩ラーメンとのことでした

そこで塩ラーメンと味噌ラーメン、餃子4個を注文

先に餃子がきました、もう少しニンニクが効いていても良いかなと感じましたが女性には調度いいのかも知れません

餃子の焼き加減は完璧でした

◆塩ラーメンと味噌ラーメン

まず友人の注文した『酔軒』お勧め塩ラーメンですが、友人曰くイマイチとのことでした

スープを少し貰いましたが魚介系スープの塩ラーメン

魚介のダシが強く深みのある味でした、友人は魚介系が苦手でしたが好きな人には、たまらないのかも知れません

味噌ラーメンは上に味噌が乗っていて溶かしながら食べる味噌ラーメンでした

この場所で、この味噌ラーメンだと自然と『一元』と比べてしまいます

もちもち麺の細麺に、もやしが少し乗ってます

少しと強調しましたが豚風亭のように多くはないという意味で適量でした

チャーシューは短冊切りに刻んであり麺と絡めて食べれたので美味しかったです

スープは『一元』と似ていて豆板醤があれば最高でした

トータル的にモチモチした細麺に違和感を感じましたが『一元』を意識してのことだったかも知れません

また食べたい味噌ラーメンでした。






▼『酔軒』まとめ


個人的な意見ですが、夜『酔軒』の前を通ると、赤い看板からか居酒屋っぽい感じを受け、家族で行くのを躊躇っていました

1度行ってみると『酔軒』も『らいみん』と変わらず大衆食堂の中華飯店という雰囲気でした

家族揃ってゆっくりと食事のできる『酔軒』のような店が地区に一軒は欲しいですよね

次回は家族揃って『酔軒』に行ってみようと思います。






この夏『横浜銀蝿』が清水にやってくる!チケット・会場案内などRock’n Roll !

2016年夏 清水にやって来る 横浜銀蝿 写真・d.hatena.ne.jp


アイドルを刺した『岩埼友宏』twitter 徹底解析!警察に相談してたのになぜ?

アイドル冨田真由さん(20) 写真・Ameba


「ゼクシィ」歴代CMガール!『9代目 吉岡里帆』プロフィール グラビア画像集

ゼクシィ9代目 吉岡里帆 写真・yoimachi.tumblr.com


〈楽なブラジャー〉締め付けないのが旬!『スロギー』売り上げ3倍の理由

ワイヤや縫い目がないブラジャー「スロギー ZERO FEEL」。左のマネキンが着けているのはワイヤ入りのブラジャー=東京都新宿区の新宿高島屋 写真・毎日新聞


過激なサービスの実態!『中学生』ガールズバーで摘発!バイトの裏側 大阪 天王寺

摘発されたガールズバーでは中学生にチャイナドレスを着せ接客させたという イメージ写真・free-photos.gatag.net


究極のフェチ!千葉ヤクルトレディの『雨がっぱ』?窃盗!斎藤修佑容疑者の人物像

斎藤修佑容疑者から押収した雨がっぱ 写真・テレビ朝日



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。