記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供から目を離すな!福岡県八女市で川に流された小1女児が翌朝みつかり死亡が確認



14日の夜に福岡県八女市に流れる星野川で小学1年生の国松想愛(そら)ちゃん(6)が流され15日の朝になって国松想愛ちゃんがみつかり死亡が確認されました

星野川近くの親戚宅に寄った際に国松想愛ちゃんは、お祖父ちゃんと弟の3人で川に遊びに行ったといいます

『国松想愛ちゃんが川に流された』との第一報が午後7時といいますから

薄暗くなるまで遊んでいたようです

午後7時以降の捜索は暗く困難だったと思われます、午後11時まで暗闇の川の中を捜索し一旦打ち切りとなりました

このページでは

▼国松想愛ちゃん星野川事故
▼水難事故の危険なポイントと事故防止策


について説明します


福岡県八女市に流れる星野川で小学1年生の女の子を捜索 写真・TBS






▼国松想愛ちゃん星野川事故


5月14日の夜、福岡県八女市に流れる星野川で小学1年生の国松想愛(そら)ちゃん(6)が流され

15日の朝になって国松想愛ちゃんがみつかり死亡が確認されました

国松想愛ちゃんは福岡県八女市の星野川近くの親族の家を訪れていて、川の近くの空き地で曽祖父や弟と3人で遊んでいたところ、姿が見えなくなったといいます。

誤って星野川に転落したとみられ、その後、曽祖父が川で溺れている国松想愛ちゃんを見つけ、助けようとしたが間に合わなかったという。

14日午後7時頃、星野川の近所の人から「女の子が溺れている」と消防に通報があった。

現場の星野川は、川幅がおよそ10メートル、水深は深い所で6メートルほどあり警察と消防で捜索しました

夜なので辺りが暗いうえ、川の水が濁っていたために14日午後11時前に一旦 、星野川の捜索を打ち切りました

15日午前6時から約80人で捜索を再開し、午前8時前に星野川に転落したとみられる地点から100メートルほど下流で国松想愛ちゃんが沈んでいるのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
記事元TBS






▼水難事故の危険なポイントと事故防止策


子どもが水難事故に遭いやすい状況や、危険なポイント、事故を避けるための対策などを考えてみたいと思います。

◆ 晴れの日も注意!子どもの死亡事故が最も多い「河川」

警察庁が毎年発表している「水難の概況」によれば、最も多く水死事故が発生している場所は「海」。

しかし、中学生以下の子どもに限っては「河川」が最も多くなっています。

年によって被害者数の増減はあるものの、この傾向はずっと変わっていません。

河川はときとして大変危険な場所に様変わりすることを忘れてはなりません。

たとえ晴れていても、前日までの長雨の影響で河川が勢いを増したり、急に増水したりすることもあります。

上流で雨が降っている場合も同様です。

一見おだやかに見える浅瀬でも、増水が続いた後は川底が削られて深くなっていることもあるそうです。

天候が不安定なこの時期、河川敷は、子どもの遊び場としてはあまり適していません。できれば、別の場所で遊ばせたいものです。

お子さんの行動範囲に河川がある場合、以下のことに注意させましょう。

◆【安全キッズの"川でのお約束"】

○ ひとりで、また子どもだけで川に行かない

○ 雨が降っている日や、前日に雨が降った日などは川に近づかない

○ 子どもだけで水際に近づいたり、水に入って遊んだりしない

○ 水が増えている、濁っている、流れてくるものが多いなど、いつもと様子が違うときはすぐに離れる


◆身近な水辺でも起きる子どもの水難事故

子どもが事故に巻き込まれる水辺は、河川だけに限りません。

用水路やため池などに誤って転落し溺れる事故も、たくさん起きています。

落とした靴やボールなどを拾おうとして、死亡事故につながる例も多くあります

「水のある場所では、絶対に子どもだけでなんとかしようとしないこと」をあらためて言い聞かせてください。

子どもはわずかな水深でも溺れます。

万が一、溺れている人を見かけたりしたときも、泳いで救助に向かうことは大人でも大変危険です。

子どもができることは、まず付近の人に知らせること。

大人が助けを求められたときも、水に入るのではなく、ロープや浮き輪、長い棒などを差し出して救助したほうが確実です。

◆大人の油断から子どもが水難事故にあうことも

これから夏休みにかけて、河川敷でのバーベキューや渓流での水遊びなど、水辺のレジャーを楽しむご家族が増えるかと思います。

また、海水浴を計画することもあるかもしれません。

大人が同行しているときは、子どもたちも存分に水に親しめると思います。

しかしながら、大人がついている安心感が、かえってスキをつくってしまうことがあるので注意してください。

「すぐそこで遊んでいるから」「声が聞こえるから」と目を離しているわずかな間に、事故が起きることもあります。

お友だち家族や親戚などが一緒だと大人の人数も多くなりますが、逆に「誰かが見ているだろう」と油断してしまうこともあるようです。

交代制で子どもの面倒を見るなどして、決して目を離さないことが基本です。

また、遊びに行く場所の情報入手や状況判断も大人の役目。

事前に気象情報を把握することはもちろん、現地の立て看板を確認するなどして、川の特徴や注意事項を子どもにもよく話して聞かせてくださいね。

現地でも、川の様子や天候には常に注意を払い、状況によってはすぐ引き上げるなど、早めに対処することを心がけましょう。




子どもの水難事故は水遊び中に多く起きています。

水に入っていなくても、足を滑らせて転落して事故にあうケースも多いようです。

水の近くでふざけたり、身を乗り出したりするのは大変危険です。

水辺で自然に親しむことは、子どもにとって素晴らしい経験になります。

しかし、悲しい事故が毎年起きていることも忘れてはなりません。

水辺の危険を正しく理解し、楽しい夏を迎えてくださいね!
secom.co.jpより出典





〈どんな人が買う?〉千葉市の公売756万円の大豪邸『殺人事件があった家』

千葉市がヤフーオークションで公売した『殺人事件があった家』写真・m.sponichi.co.jp


『先生なにしてた?』浜松市立南陽中学校の理科の実験中に男子生徒が大やけど!

浜松市立南陽中学校 静岡県浜松市南区芳川町80番地 写真・テレビ朝日


ドキッとさせたい!『石原さとみが語る』誰でも出来る〈男をトリコにする秘密!〉

【VOCE6月号Cover Beauty】


〈似顔絵で逮捕〉20代女性を「殺すよ」と脅し『わいせつ行為』若柳巧容疑者!練馬区周辺

若柳功容疑者(26) 写真・テレビ朝日


長崎市の魚市場で酸素ボンベが破裂!数名が病院に搬送!高圧に強いボンベがなぜ?

酸素ボンベが破裂した長崎市の魚市場 写真・テレビ朝日




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。