記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正面衝突2人死亡!美馬市長〈牧田久〉プロフィール、出張費〈二重受給〉問題!



このページでは

▼徳島県美馬市市長が運転する乗用車が交通事故になり相手側の2人が死亡した
▼徳島県美馬市長の顔写真
▼牧田久市長・出張旅費を二重受給で告発


について掲載します



▼徳島県美馬市長が運転する乗用車が交通事故になり相手側の2人が死亡した


5日午後4時15分頃、徳島県美馬市美馬町の国道438号の三頭トンネル(2648メートル)で、軽乗用車と乗用車が衝突した。

徳島県警美馬署によると、軽乗用車に乗っていた4人のうち高松市伏石町、溝渕清明さん(78)が胸を強く打ち死亡、妻の美佐子さん(75)も全身を強く打って死亡した。

同市新田町甲、河野義徳さん(77)、田亀子さん(77)夫妻は骨折などの重傷。

乗用車の牧田久市長は腹部を強く打ち重傷、助手席の妻利子さん(72)も重傷を負ったが、命に別条はないという。

現場は片側1車線。牧田久市長の車が対向車線にはみ出した状態で衝突していたといい、美馬署が事故原因を調べている。

美馬市によると、美馬市長の牧田久さんはこの日、私用で香川県内に夫婦で出かけ、美馬市内に戻る途中だったという。



▼徳島県美馬市長の顔写真


美馬市長・牧田 久


徳島県美馬市美馬町の国道438号の三頭トンネルで軽乗用車と乗用車が衝突2人が死亡した。美馬市長 牧田久さん(74)写真・美馬市

牧田 久(まきた ひさし)

1941年(昭和16年)生まれ

徳島県出身

徳島県美馬市長

島根県立島根農科大学(現・島根大学)卒業

1965年に徳島県庁に入り、その後、徳島県議会事務局長、県企画調整部長、鳴門市助役などを経て、2005年に合併で誕生した美馬市の初代市長に当選。

旧脇町長・佐藤浄を破って初当選した。

2016年4月1日、2006年6月から2014年6月までの8年間に公務の出張旅費を二重受給していたとして牧田久市長を詐欺容疑で徳島県警に告発した。




▼牧田久市長・出張旅費を二重受給で告発


(以下・毎日新聞)

市民オンブズマンとくしまは26日、美馬市の牧田久市長が公的会議出席のため出張した際、会議の主催者から旅費を受け取っていたにもかかわらず

美馬市からも二重に受け取っていたとして、詐欺の疑いで県警に刑事告発した。

徳島県警は告発状の内容を精査して受理するか判断する。

告発内容は2006~14年、全国簡易水道協議会や全国国土調査協会などの会議に出席した際

40回以上にわたり計約270万円を二重に受給したとしている。

牧田市長は今月1日、二重受給を認めて計268万円を市に返還している。

美馬市総務課によると、牧田市長は14年7月に二重受給に気付き、秘書課長に二重受給をやめるよう指示した。

ただ、二重受給した旅費を返還していないことに気付いたのは、昨年10月だったという。

牧田久市長は取材に対し「市民に迷惑を掛けて申し訳ない。告発状を読んでいないので詳しいことは分からない」と話した




【話題のニュース】


常磐道で大型バスと乗用車が正面衝突!2人死亡30人以上負傷 福島県大熊町

乗用車がバス前面に食い込んでいる=4日午後9時46分、福島県大熊町、本田雅和撮影 朝日新聞


島根県県道で落石が軽乗用車助手席を直撃、山口大学1年の栗原優奈さん死亡

島根県邑南町戸河内の県道で直径約1メートルの石が軽乗用車の助手席側に直撃した 写真・島根県警


93%が成功した〈ふっくらバストの作り方〉1ヶ月半で1.5サイズUP

写真・matome.naver.jp


〈太平洋戦争・零戦搭乗員〉原田要さん死去 伝説の零戦ファイターの戦歴

伝説の零戦ファイター原田要さん 写真・infojapan.jp


カツオ一本釣り漁船・第十八勝栄丸の機関員 石井駆さんがグアム沖で行方不明

第十八勝栄丸の機関員 石井駆さん(18)がグアム沖の海上で行方不明となった海域図 写真・TBS



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。