記事一覧

常磐道で大型バスと乗用車が正面衝突!2人死亡30人以上負傷 福島県大熊町



このページでは

▼福島県大熊町の常磐道下り線で大型バスと乗用車が正面衝突し、2人が死亡、30人以上が負傷した

事故について説明します


乗用車がバス前面に食い込んでいる=4日午後9時46分、福島県大熊町、本田雅和撮影 朝日新聞

4日午後8時40分ごろ、福島県大熊町下野上の常磐道下り線で、大型バスと乗用車が正面衝突し、乗用車を運転していた同県広野町の中国籍、秦丹丹さん(33)と、同乗していた長女の小学1年生、熊田京佳さん(6)が死亡した。

バスの乗客・乗員41人のうち約30人が負傷し近くの病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないという。

福島県警高速隊などによると、現場は富岡町の常磐富岡インターチェンジ(IC)の北約3キロ付近で浪江町にある浪江ICの間の片側1車線の対面通行区間。

事故の影響で常磐道は5日午前1時現在、上り線が南相馬ICから常磐富岡IC、下り線が常磐富岡ICから浪江ICが通行止めになっている。

上り車線を走行していた乗用車が上下線を仕切るポールなどを乗り越え、下り線にはみ出しバスと正面衝突

乗用車はバス前面下部に食い込んで大破。バスもフロントガラスと前面が大破した。

乗客の一人は「いきなりドーンという大音響と衝撃の後、悲鳴が聞こえ、10人ぐらいが血を流していた」と振り返った。

秦丹丹さんと熊田京佳さんは、ゴールデンウイークで宮城県に遊びに行った後、自宅に戻る途中だったという。

現場は東京電力福島第1原発事故の避難指示区域だった。

NEXCO東日本のホームページによると、この区間の放射線量は毎時0・65~4・05マイクロシーベルト。

バスを運行する桜交通(福島県白河市)によると、衝突したのは首都圏と福島県を結ぶ定期高速バスで、運転手1人と乗客40人が乗っていた。

4日は午後4時10分に東京・池袋を出発し、同10時10分に同県相馬市役所に到着する予定だったという。









島根県県道で落石が軽乗用車助手席を直撃、山口大学1年の栗原優奈さん死亡

島根県邑南町戸河内の県道で直径約1メートルの石が軽乗用車の助手席側に直撃した 写真・島根県警


〈太平洋戦争・零戦搭乗員〉原田要さん死去 伝説の零戦ファイターの戦歴

伝説の零戦ファイター原田要さん 写真・infojapan.jp


カツオ一本釣り漁船・第十八勝栄丸の機関員 石井駆さんがグアム沖で行方不明

第十八勝栄丸の機関員 石井駆さん(18)がグアム沖の海上で行方不明となった海域図 写真・TBS


〈ベッキー・週刊文春〉手紙にオリラジ中田が批判!雨上がり宮迫が中田を批判

オリエンタルラジオ 中田敦彦 写真・s.news.mynavi.jp


ダレノガレ明美が〈熊本・被災地〉を訪れ「炊き出し」や動物病院に支援物資!

竜之介動物病院に訪れたダレノガレ明美=熊本市中央区 写真・デイリースポーツ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事