「ちはやふる」まだまだ続く〈続編〉決定!広瀬すず 舞台あいさつで泣き崩れ(T_T)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



女優の広瀬すずさん主演の映画「ちはやふる」初日舞台あいさつが行われました


写真・friends.excite.co.jp

「ちはやふる」初日舞台あいさつでは、原作者の末次由紀さんから1人1人にねぎらいのメッセージが送られると

感動で広瀬すずさん早くもウルウル(涙)

さらに舞台あいさつでサプライズ!

「ちはやふる」の続編決定を公表しました。



このページは

▼「ちはやふる」の初日舞台あいさつ
▼原作者・末次由紀さんからの手紙に涙
▼『ちはやふる』の続編決定!


について説明します











▼「ちはやふる 下の句」の初日舞台あいさつに広瀬すずが登場


29日、都内で主演映画「ちはやふる 下の句」の初日舞台あいさつが行われました

広瀬すず(17)
野村周平(22)
真剣佑(19)
上白石萌音(18)
矢本悠馬(25)
森永悠希(19)
松岡茉優(21)

主要キャストが壇上に上がり「ちはやふる −下の句−」の初日舞台あいさつを行った

『ちはやふる』2部作で意気投合した共演者と並ぶと、広瀬すずさんは

「今日の公開で、もう最後なんだね」

と、涙ぐんでしまいます

「ちはやふる」は、主人公・千早(広瀬すず)が、転校生の新との出会いを通じて競技かるたの魅力に目覚め

幼なじみの太一らかるた部の個性的なメンバーたちとともにかるたに情熱を燃やす姿を描いている






▼原作者・末次由紀さんからの手紙に涙


「ちはやふる」はコミック作者の末次由紀さんが2007年から女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載している人気マンガが原作です

舞台挨拶で末次由紀さんから演技を絶賛する手紙のサプライズプレゼントがありました。

末次由紀さんからの手紙が代読され、登壇者1人1人にねぎらいのメッセージが送られると、感激した広瀬すずさんは涙を流しました。

広瀬すずさんは

「みんなでこうしたい、ああしたいと監督に伝えたりした作品は初めて。その中で千早というファンの方の中でも完璧に、でき上がっている魅力的な女の子を演じることは、正直こんなに怖いなと思ったことはなかった」

「でも、それを変に意識せず、現場に行ける雰囲気を作ってくれたみんなと同じ“体温”で同じものを吸収して出し合ってという、その空間が自分の中では不思議な感覚だった。お芝居しているけど、お芝居じゃない距離感(だった)。こんなにエネルギッシュなのは最初で最後なんだろうなって」

と撮影を振り返りました

野村周平さんは

「得たものは友。このキャスティングでできたのは素晴らしいなって思った」

真剣佑(まっけんゆう)さんは

「『ちはやふる』で仲間と出会えた」

共演者同士の絆が感じられるエピソードが次々と語られると、広瀬すずさんは感激で、またまたポロリ(涙)

「みんなキライ(笑い)。本当にやめて」

わざと広瀬すずさんを泣かせようとイジワルをする共演者に涙目で訴えます^_^;







▼『ちはやふる』の続編決定!


さらに

「手紙には続きがある」

と末次由紀さんからの手紙が読まれ

「皆さんが演じる新しい『ちはやふる』が、
もう一度みられることを心の底から喜んでいます。次回作もよろしくお願いします」

末次由紀さんからの手紙で『ちはやふる』続編の決定がサプライズで告げられると、キャスト陣は大喜び。


写真・prcm.jp

広瀬すずさんは、突然の続編決定のサプライズに、その場にしゃがみ込み

「わからない」「どういうこと?」

広瀬すずさん1人、大パニックの様子

それぞれに別れを惜しんでいた共演者たちは笑顔で喜びの声を上げた

広瀬すずさんはその場で腰を抜かし、共演の松岡に助け起こされました。

その後も真偽を確かめるために一緒に舞台に立った小泉徳宏監督(35)の顔をじっと見つめながら確認するなど、もはや舞台あいさつどころではない様子でした。

手紙で『ちはやふる』続編の決定のサプライズ発表は

製作サイドが出演者それぞれの担当マネジャーと入念に打ち合わせして

『ちはやふる』初日の舞台で明らかにするという仕掛けだった

今回が映画初主演の広瀬すずは改めてコメントを求められ

「疲れたね、心臓がね」

「何というか。私にとっては言葉に表すのが難しいくらいの作品です。末次由紀先生にほめられて、その続編も…」

「(『下の句』で)最後じゃないのがすごいうれしい。『上の句』と『下の句』を超えるようなものをここにいるみんなと作りたい。頑張ります」

と語った


写真・s.cinemacafe.net

「ちはやふる」は今春公開の「上の句」が117万人を動員するヒット。

この日公開の「下の句」と合わせて興収30億円を目指している。

続編は同じ顔ぶれで来春撮影を予定している。









関連記事
ページトップ