記事一覧

泣き虫ピエロの結婚式 主演は志田未来・竜星涼!2人のプロフィール「作者のピエロも紹介」



女優の志田未来(22)さんと俳優の竜星涼(23)さんが、映画「泣き虫ピエロの結婚式」にダブル主演することが25日に分かりましたね

「泣き虫ピエロの結婚式」は望月美由紀さんのの実話に基づく悲しいお話しです

そこで今回は記事元「泣き虫ピエロの結婚式」女優の志田未来(22)さんと俳優の竜星涼(23)さんのダブル主演決定を報じた

1.スポーツ報知の記事
2.志田未来さんのプロフィール
3.竜星涼さんのプロフィール
4.望月美由紀さんプロフィール
5.原作「泣き虫ピエロの結婚式」エピソード


を紹介しようと思います






▼スポーツ報知の記事





映画「泣き虫ピエロの結婚式」で挙式シーンを演じる志田未来、竜星涼

結婚式から50日後に、夫が原因不明の難病「成人スティル病」と腎臓の疾患を併発して亡くなったプロの道化師、望月美由紀さんの実話に基づく同名小説を映画化。

今作は、見習いピエロの佳奈美(志田)が、結婚式前日に倒れた余命わずかの陽介(竜星)から別れを告げられても常に明るく笑顔で接し、亡くなる直前にもう一度、挙式でプロポーズする姿を描く。

志田は4年ぶりの主演で、本格的な恋愛映画に初挑戦。ウェディングドレス姿を6年ぶりに披露する。竜星とはドラマで2度共演してきたが、映画は初タッグ。

昨年8月に都内近郊で撮影し、志田は「陽介を思う熱い気持ちに、とても感動し涙しました」。

竜星は「この作品で人を愛することのはかなさ、切なさ、喜びや勇気を学んだ」と話している。
出典・スポーツ報知





▼志田未来さんのプロフィール


志田未来


写真・laughy.jp

志田 未来(しだ みらい)

生年月日 1993年5月10日

出生地 神奈川県

血液型 AB型 Rh+

職業 女優

事務所 研音






▼竜星涼さんのプロフィール


竜星涼


写真・laughy.jp

生年月日 1993年3月24日

出生地 東京都

身長 183 cm

血液型 A型

職業 俳優

ジャンル テレビドラマなど

事務所 研音







▼望月美由紀さんプロフィール





1977年 静岡市葵区生まれ。

1994年 大道芸カレッジを受講して市民クラウンに。

1998年 プロエンターテイナーの白井博之氏に師事。

2014年 「第4回日本感動大賞」で大賞を受賞、「泣き虫ピエロの結婚式」を出版。



【楽天市場】LAWSONホットステーション








▼原作「泣き虫ピエロの結婚式」エピソード


望月さんは高校2年で大道芸ワールドカップの市民クラウンになった。

22歳でプロを目指して上京したが、ストレスからうつ病を発症。

原因は、周りの期待に応えようと、知らず知らずのうちに「いい子」を演じてきたという自分への抑圧にあったらしい。

療養のため静岡の実家に戻った後に出会ったのが杉山一衛さん。

きっかけはバーベキューパーティだったそうだ。

最初の印象はうつ病だったために最悪だったそうだが、彼もまた、人を喜ばせ、人を笑顔することに喜びを感じていた人物。

お互いに惹かれ合い、交際に発展した。

一度は別れるものの、望月さんのうつ病克服をきっかけに交際が再び始まった。

出会ってから7年後、一衛さんからのプロポーズを受ける。

しかし、幸せな結婚式の翌日、一衛さんは体調を崩し病院に運ばれてしまう。

2週間意識が戻らない状態が続いた。

意識が戻った時にはには結婚したことすら忘れてしまうほどだったという。

原因不明の炎症性疾患という難病ということが発覚した。

そんな状況下、美由紀さんは一衛さんにも元気を取り戻して欲しいと、泣きたい気持ちをおさえて看病に励んだ。

「笑うと免疫力があがる。こちらが笑顔でいれば、彼も笑ってくれるかもしれない―。」

自分がうつ病だった時を思い出して、彼に接する時だけは笑顔でいようと頑張った。

普段クラウンとしてやっていることを実践して。

その看病の甲斐もあって、そのうち一衛さんは笑顔を見せるだけでなく、冗談を口にして家族や看護師さんを笑わせるようになった。

だが、その後溶体は急変する。

入院から40日後の2011年4月1日、一衛さんは意識のないまま息を引き取った。

穏やかで、笑っているようにも見える死に顔だったらしい。
出典・写真 nextkeyword.com






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事