記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川鉄道「きかんしゃトーマス」の楽しみかた!今季の仲間はバスの「バーティー」!


2016年6月11日(土)より今年も、きかんしゃトーマス号・ジェームス号の運転を静岡県島田市の大井川鉄道は開始する。


大井川鉄道「きかんしゃトーマス」写真・youtube.com

今季の大井川鉄道「きかんしゃトーマス」は新たにトーマスの仲間のバスの「バーティー」を運行すると発表した。

バスの「バーティー」は7月から運行を開始する



このページでは

1.大井川鉄道の「きかんしゃトーマス」について
2.今年の仲間「バーティー」?他の仲間は?
3.大井川鉄道の楽しみかた!
4.「きかんしゃトーマス」「バーティー」乗車申込方法


について森本レオさん風に説明しようと思います^_^








▼大井川鉄道の「きかんしゃトーマス」ってなに?


大井川鉄道は、2014年より実物大のきかんしゃトーマス号の運行を開始した

自社で保有するSL「C11-227」に、トーマスを模した改装を施してリアルに再現しました

蒸気機関車のトーマスは、そのクオリティの高さに当時ネット上でも「可愛い」「リアル過ぎる」「子どもが喜びそう」「走ってるとこ見てみたい」など様々な反響を呼びました







▼今年の仲間のバス「バーティー」とは?他の仲間?


「きかんしゃトーマス」のストーリーの中で、バーティーはトーマスの支線近くの道路を走る赤いボディーのバス。


大井川鐵道に初の自動車キャラクター「バスのバーティー」が仲間入り(C)2016 Gullane(Thomas)Limited.

かつてはトーマスと競走したが今は大の仲良しで、雪で立ち往生したトーマスを助けたこともある。

真っ赤なボディの「バーティー」の仕事はお客様を駅まで運ぶこと

大井川鉄道でも島田市の新金谷駅前と川根本町の千頭駅前間の大井川沿いの幹線道路をバスの「バーティー」が往復運転する予定。

大井川鉄道のバスの「バーティー」は1便16人が乗車できる

定員から分かるようにバスとしては小さめのものとなり、抽選での申し込みを検討しているという

大井川鉄道関連のバス会社「大鉄アドバンス」所有の小型バスを赤く塗ったり、顔を描いたりして

「きかんしゃトーマス」のストーリーの中で、バーティーにするのだという

大井川鉄道「きかんしゃトーマス」の仲間達

大井川鐵道では2014年から毎年、鉄道車両に関する新キャラクターを登場させており

2014年 トーマス、ヒロ、ラスティー


左から パーシーとヒロ 写真・nlab.itmedia.co.jp


ラスティー 写真・matome.naver.jp

2015年 パーシーとジェームスが加わった


左からパーシー ヒロ トーマス ジェームス 千頭駅 写真・youtube.com

2016年は初の自動車キャラクターである赤色のバス・バーティーが加わる








▼大井川鉄道の楽しみかた!


普段SL機関車が走る姿を見る機会がなく、SL機関車がどのように走るのか?


毎年秋に開催される大井川鉄道SLフェスティバル SL2台の重連列車 写真・blogs.yahoo

電車のガタンゴトンではなく

シュッシュッと音を立てながら走り

そして時々『ポォ~』と鳴く

その姿は鉄道オタクでなくても

感動的で自然と涙が出るほどです

その感動的に走るSL機関車で

大井川鉄道は本物の「きかんしゃトーマス」を作ってしまった



千頭駅で手動の転車台に乗り方向転換するトーマス 写真・bizmakoto.jp

本物の「きかんしゃトーマス」ですから

子供が喜ぶのはもちろんですが

大井川鉄道のSLは

家族サービスに渋々、車の運転をしてきたパパさんが!

孫を喜ばそうと連れてきたジージが!

食い入るように「きかんしゃトーマス」の走る姿を見つめているのが現実です^_^

新金谷駅~千頭駅までをトーマスに乗って走るのが大井川鉄道の売りですが

はっきり言うと

走る姿を眺めるのがおすすめです

期間中は新金谷駅と千頭駅でイベントを開催しているので

時刻表を確認し駅到着前に近くで走る勇姿を眺め

イベントに行くのはどうでしょうか?

もちろん走るトーマスに乗れば

子供は喜びますし

『きかんしゃトーマスに乗った』

という満足感が得られることは間違いありませんが^_^







▼大井川鉄道「きかんしゃトーマス」バスの「バーティー」乗車申込方法


大井川鉄道では4月18日よりローソンチケットで、きかんしゃトーマス号・ジェームス号の通常抽選を受付中。


SL・大井川鉄道《乗車予約開始》バスの「バーティー」!トーマス号にも乗車!
(別のページへ移動します)

乗車予約を始めたバスの「バーティー」写真・静岡新聞




【問い合わせ】
大鉄観光フレンドツアーセンター
<電0547(46)3134>








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。