記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈ごみの中から現金〉約2300万円の一万円札が見つかった!京都府南部

京都府警南署は19日、京都市南区の廃棄物処理会社が収集したごみの中から現金約2300万円が見つかった、と発表した。


イメージ写真・hdrank.com

拾得物として保管するとともに約2300万円の所有者を捜している。

京都府警南署によると、13日午後7時ごろ、廃棄物処理会社の従業員が処理施設に集められたがれきや廃材などに混在している約2300万円の一万円札を見つけた。

一万円札は本物で計約2300万円になったという。

廃棄物処理会社社長が14日、京都府警南署へ約2300万円を届け出た。

京都府警南署の説明では、約2300万円が紛れていたのは、4月7~8日ごろ、主に京都市や宇治市など京都府南部で収集したごみだったという。

遺失物法に基づき、7月14日までに所有者が判明しない場合約2300万円の所有権はに廃棄物処理会社移る。
京都新聞



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。