記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーベキューをしていた高校生が左門殿川に転落 死亡 兵庫県尼崎市梶ケ島

17日午後3時10分ごろ、兵庫県尼崎市梶ケ島の左門殿川河川敷で、バーベキューをしていた10代のグループのうち2人が川に転落した。


男子高校生がバーベキューをしていた兵庫県尼崎市梶ケ島の左門殿川を捜索する消防隊員や警察官ら=兵庫県尼崎市梶ケ島

1人は自力で陸に上がったが、もう1人の男子高校生は約2時間後、川の中から見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

尼崎東署や市消防局によると、亡くなったのは尼崎市内の男子高校生(16)。

同日正午ごろから、中学時代の同級生グループ男女十数人と左門殿川沿いでバーベキューをしていたという。

尼崎東署の調べに、一緒にバーベキューしていた友人らは「誕生日だった人をふざけて川に落とそうとした2人が転落した」と話しているという。

尼崎東署は事故と事件の両面で、男子高校生が転落した原因を調べている。

バーベキューをしていた現場は兵庫県尼崎市梶ケ島 阪神杭瀬駅から南東約300メートルの河川敷。
神戸新聞NEXT





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。