記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大級の〈ワニガメ〉水路で捕獲!ペットを飼い主が捨てたのか?静岡 浜松

静岡/浜松/中田島/水路/カメ/ワニガメ/カミツキガメ/要注意外来生物/特定動物/ペット/飼い主


静岡県浜松市で、体長1メートルほどのカメが水路で見つかり、警察が捕獲した。その後、人に危害を加える恐れのあるワニガメと分かった。


浜松市南区中田島町の水路で捕獲した体長約1メートルのワニガメ
イメージ写真・777news


静岡県警によると9日午後0時半ごろ、浜松市南区中田島町の水路にカメがいるのを通行人が見つけ、警察官と地域の住民が網を使って捕獲した。その体長は約1メートルあった。

静岡県警から依頼を受けて駆け付けた浜松市の担当職員は…。

浜松市環境政策課・永田有さん

「でかいですねー。たぶんワニガメだと思う。(年齢は)相当年数がたっている。基本的には餌は魚、肉食性。ワニガメは要注意外来生物なので、自然に戻すのは好ましくない」

ワニガメは、アメリカ原産のカミツキガメの一種で、人に危害を加える恐れのある「特定動物」に指定されている。

ワニガメとしては最大級の大きさで、警察ではペットとして飼育されていたものが逃げ出したか、飼い主が捨てたとみている。
日本テレビ

静岡県浜松市南区中田島町の水路でワニガメ捕獲




・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。