記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三重県名張市の保育園で女性保育士が園児を全自動洗濯機に放置!

三重/名張/美旗/東部/みはた虹の丘/保育園/保育士/園児/全自動洗濯機/洗濯機/放置/名張育成会

三重県名張市美旗町の私立東部保育園(現私立みはた虹の丘保育園)で今年1月下旬、50歳代の女性保育士が、預かっていた女児(当時1歳5か月)を園内の全自動洗濯機の中に入れて約1分間放置していたことが分かった。


三重県名張市美旗町の私立東部保育園(現私立みはた虹の丘保育園)写真・n-ikuseien.jp

女児にけがはなかったが、名張市は「不適切な保育に当たる」として東部保育園を指導し、園は保護者に謝罪した。

東部保育園によると、女性保育士は1月26日午後5時頃、園内の沐浴室にある全自動洗濯機(高さ約80センチ)の中に女児を入れて立ち去った。約1分後、女児が泣き出したため、戻って女児を洗濯機から出したという。

目撃した別の保育士の報告で発覚。当時、洗濯機の中に水は入っておらず、ふたも開いたままだった。電源も切られていた。

女性保育士は「女児は、目の届かない沐浴室に一人で入ろうとすることが何度もあって困っていた。とっさにやってしまった。とても反省している」と話しているという。

東部保育園は社会福祉法人「名張育成会」が運営しており、今年2月、名称を「みはた虹の丘保育園」と変えている。名張育成会は「今後は、職員の指導体制や研修を通じた意識啓発などに努めたい」としている。
出典・読売新聞




・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。