記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃走時の〈所持品は生徒手帳〉誘拐・監禁事件まとめ 埼玉県朝霧市

約2年間、行方不明になった埼玉県朝霞市の女子生徒(15)が3月27日、東京都中野区で保護された事件の寺内樺風容疑者を確保後に


イメージ写真・printbag.co.jp

いろいろな事が明らかになりました

寺内樺風容疑者の自殺場所、血だらけの容疑者を発見した新聞屋さん。女子生徒を自宅マンションで監禁したまま大学へ通う容疑者。誘拐の手口。2年間の監禁生活。中野駅で保護されたときの女子生徒の所持品が現金170円と生徒手帳だったこと。2年ぶりの両親との再会など

まとめてみました。

-


『所持品は生徒手帳』目次


寺内容疑者〈血だらけで発見〉伊東市

首を切った現場〈静かな山あいでなぜ〉

〈見えてきた容疑者の人物像〉監禁と大学

誘拐の手口が明らかに!

2年間の監禁生活

就職で東京中野に〈脱出・保護〉まで

2年ぶりに両親との再会

まとめ〈所持品は生徒手帳〉

占い師が2年前〈寺内容疑者〉を透視していた!


-





寺内容疑者〈血だらけで発見〉静岡県伊東市


寺内樺風容疑者とみられる人物が、27日午後6時30分頃、伊東市のJR伊東駅構内の防犯カメラに

寺内樺風容疑者が身柄を確保された際と同じ黒いジャンパーと緑のズボン姿のよく似た男が映っていた。

それから約9時間後の午前3時15分ごろ

静岡県伊東市内で「血だらけの男が歩いている」と通報があり、静岡県警の警察官が路上で寺内樺風容疑者(23)を発見確保した。

静岡県伊東市十足・血だらけで発見
地元住民の間には「静かな山あいになぜ」と衝撃が広がった。


寺内容疑者は十足消防会館近くの県道の路上で3月28日の早朝午前3時10分ごろ

小雨が降る中、バイクで新聞配達中に通り掛かった伊東市、大沼新聞店アルバイト、斉藤孝治さん42歳(伊東市岡)が

道路脇にたたずむ寺内樺風容疑者を発見した。

ライトで照らすと、黒っぽい上着に軍手をして、片手に小型のかばんを持っていた。

首の右側から大量に出血し、頬の周辺が真っ赤に染まっていて衰弱した様子だった。

斉藤さんが慌ててバイクを止め「事故か」と聞くと

「警察を呼んでください。死のうとしたけど死ねなかった」

うつむきながらぼそぼそと話したという

通報後、近くの駐車場に移動し、警察官の到着を待つ間

寺内容疑者の足ががくがくと震えていたので

「座れよ」と声を掛けたが応じなかったという。

通報で駆けつけた静岡県警の警察官が路上で寺内樺風容疑者を確保した。

寺内容疑者の上着のポケットからは、カッターナイフと「大変な事件を起こしてしまった」などと裏側に書いたレシートを所持していた

首のけがについて「カッターで切った。自殺しようとした」という趣旨の説明していることから

レシートの裏書きを遺書代わりにしようとした可能性がある。

〈ページの先頭に戻る〉


-


首を切った現場「静かな山あいでなぜ」


現場付近には、静岡県警が置いたとみられる矢印の書かれた二つの看板が置かれ現場保存のためか伊東市指定のごみ袋がかぶせられていた。

そこから脇道を数百メートルほど上ると、雑木林の一部に規制線が張られ、地面に紺色のビニールシートがかぶせられていた。

雑木林の近くに住む主婦(38)は午前1時半~2時ごろ、物音がして、飼い犬も落ち着かない様子だったため外に出てみたという。

「普段、シカやイノシシが通ると落ち葉や砂利で足音がするが、その時は違う音がした」

朝になって寺内容疑者の身柄確保をニュース番組で知ったといい、「いま思うとあの音は容疑者の足音だったのではと思う」と驚いた様子だった。

また近くに住む中1の男子生徒(13)は眠れずスマホを触っていた午前3時ごろ、サイレンの音を聞いてカーテンを開けると、パトカーが見え、5分ぐらいしてまた反対方向を走るパトカーと救急車が見えたという。

「このような静かな場所に大事件の容疑者が歩いていたなんて信じられない」と話した。

首に切り傷を負った寺内容疑者が入院する順天堂大静岡病院(伊豆の国市長岡)には

28日、時折雨が強く降る中、早朝から数十人の報道関係者が詰めかけて緊迫した雰囲気が漂った。

午前10時ごろには、寺内容疑者から事情を聴いたとみられる埼玉県警の捜査員ら数人が、順天堂大静岡病院の裏口から出てきた。

捜査員の一人は小さな段ボール箱を抱えていた。

順天堂大静岡病院は寺内容疑者の病状について明らかにしていないが、退院までに数日かかるとみられる。

〈ページの先頭に戻る〉


-



〈見えてきた容疑者の人物像〉監禁と大学


11年に千葉大学工学部に入学

大学では、工学部情報画像学科でデータ解析について学んでいた。

12年10月(大学2年)から1年間休学し、カナダへ語学留学。

13年4月からは4か月間、米カリフォルニア州にあるパイロット養成学校へ入学

13年9月に自家用機操縦免許を取得した。

自身のフェイスブックに、この年(13年)セスナ機と一緒に写った写真や軍用機のコックピットに座った写真などを掲載している。

14年3月10日
埼玉県で当時中学1年生の女子生徒を誘拐
千葉県稲毛区のマンションで監禁


千葉大学のゼミの担当教授によると、授業にきちんと出席して成績も悪くなかったという。

ゼミ仲間からは「パイロット」「カブさん」の愛称で呼ばれ、寺内容疑者を知る人は、「感じのいい人」「まじめだった」と口をそろえる。

16年2月東京都中野区東中野のマンションに、すでに決まっていた就職の為、転居

3月23日に千葉大工学部を卒業。

27日(昼 )監禁していた女子生徒が脱出

27日(夕方)18時30分頃、静岡県伊東市のJR伊東駅構内の防犯カメラに寺内樺風容疑者によく似た男が映る

18時30分に伊東駅に着くには東京・JR中野駅を16時までに出発しなければ着かない

伊東駅から9時間後

28日(早朝)午前3時15分、静岡県伊東市で血まみれで発見、確保、入院

〈ページの先頭に戻る〉


-


誘拐の手口が明らかに!


寺内樺風容疑者の顔について「心当たりはない」と女子生徒は話す

14年3月10日

寺内容疑者は、下校途中の女子生徒の自宅前で車から降り、女子生徒に

「(女子生徒の氏名)さんですよね」

と声をかけた。

目撃証言などから女子生徒は3月10日午後3時45分ごろ、自宅前で10代とみられる男と話しているのを近所の人が目撃したのを最後に行方が分からなくなっていた。

「お父さんとお母さんが離婚する。弁護士のところに自分が連れて行く」

と言って誘い出し、目隠しをして当時、住んでいた千葉市稲毛区のマンションへ連れ去ったとみられる。

生徒が行方不明になった際に、自宅の郵便受けにあったメモ

「家も学校もちょっと休みたいです。
しばらく友達の家にいます。さがさないでください」

女子生徒が「メモと手紙は寺内容疑者に書かされ、いずれも手渡した」と話していることも判明

生徒を監禁するために寺内容疑者が家出を装ったとみている。

同月19日には「元気に過ごしている」と書かれた手紙も自宅に届いた

手紙には、上尾郵便局の消印があった。

だが女子生徒は、保護された後の県警の聞き取りに、上尾市には行っていないと話しているという。

このため県警は、捜索から逃れる為に寺内容疑者が一人で上尾市に行き、手紙を投函(とうかん)した可能性が高いとみている。

寺内容疑者は女子生徒と一緒に生活している間に「(女子生徒は)両親に捨てられた誰も捜していない」という嘘の説明をしていたという。

寺内容疑者が女子生徒にうそをつき、心理的に圧迫して逃げないよう仕向けていたとみている。

〈ページの先頭に戻る〉


-


2年間の監禁生活


女子生徒が目隠しをして連れて来られたのは、千葉市稲毛区の3階建てのマンションは

寺内容疑者の通っていた千葉大学の北門から歩いて徒歩約1分の位置

ここで女子生徒は14年3月10日の誘拐から、16年2月の寺内樺風容疑者が就職の為に東京都中野区に引っ越す約2年間、監禁される。

千葉市稲毛区のアパートは、基本的には、単身者用のワンルームや、1Kと呼ばれる間取りが多い中

寺内容疑者が使用していた部屋だけは、ほかよりも部屋が広い、多いといった間取りでキッチン、トイレは独立していて、洋室、和室各1部屋が居住スペースだった。

また、別の部屋に入居している人に話を聞いたところ、その部屋は、部屋自体が仕切ることができる扉がついた構造のもよう。

管理会社は、寺内容疑者が、そこから現在の東中野のアパートに退去した際に、何か目立った改造の跡は、確認できなかったといっているが、やはり、1人にしては広めの間取り、さらに部屋が扉で仕切られている。

こういう構造から考えると、人を隔離することは、十分可能だったといった印象を受ける。

一方で「女の子が大声を出せば、周りに聞こえたはず」といった疑問の声もあがった。

部屋の玄関には外から鍵がかけられて逃げたくても逃げられなかった(室内から開けれない)

洋室からベランダへつながる窓は「鍵を差し込まないと窓が開かない仕組みだった」という。

鍵専門家によると、空き巣対策用の鍵付きクレセント錠とみられ「もちろん鍵を持っていなければ内側からも窓を開けることはできない」と話した。

寺内容疑者の父親は大阪府池田市で、「創業59年」をうたう防犯グッズの通信販売業を営む。

公式ホームページ(現在閲覧不能)では、防犯用の鍵やカード式の鍵、外出先から室内を監視する徘徊(はいかい)防止用の無線機器などが販売されていた。

別の捜査関係者は「父親の仕事から身に付けた防犯知識を悪用した可能性がある」と語った。

寺内樺風容疑者は防犯セミナーにも参加し、防犯に関して高度な知識を持っていた

保護された生徒は「(行方不明になった後は)ずっと千葉にいた。寺内容疑者に連れられて外出することがあった」と話しており、監視が厳しくて外出の際も逃げることができなかったとみられる。

千葉県稲毛区のマンションの隣人の男性(26)が28日、取材に応じ「約1か月前にマンションで寺内容疑者が女性と外出するところを見た」と明かした。

1か月ほど前、男性はマンションの階段を女性と下りてくる寺内容疑者とすれ違った。

「女性は25歳ぐらいに見えた。2人は友達のような雰囲気でした」。

黒髪の女性は制服、ジャージーなどではなくズボン姿だったという。

男性が証言する女性が女子生徒だったとすれば、寺内容疑者は、人目を気にすることなく一緒に外出する大胆な行動を取っていたことになる。

〈ページの先頭に戻る〉


-


就職で東京中野に〈脱出・保護〉まで


大学を卒業し、就職が決まった寺内容疑者は

今年2月に通勤に便利な東京都中野区東中野の3階建てのマンションに転居した

中野区のマンションの部屋はいずれも単身者用で

同じマンションに住む住民の話しによると

「(容疑者の)部屋はずっと電気がつきっぱなしだった」「女子生徒を見たことはない。不審な様子はなかった」

と話し、部屋については

「たんすを置いたら、1人は寝られなくなる。」程の狭さだという。

住民の中からは、「どのように生活していたのか」「女子生徒は大声を出せば、周りに聞こえたはず」といった疑問の声もあがっている。

近所付き合いはほとんどなかったという。

『千葉市の部屋は外から鍵がかけられて逃げたくても逃げられなかったが、中野区の部屋は決心すればいつでも出られる状態にあった』

女子生徒の両親は約2年間、情報提供を求めるチラシ配りを朝霞市などで約20回、講演も県内外で30回以上行ってきた。

女子生徒は両親が自分の行方を捜していることをインターネットで知り

両親の頑張っている姿を見て、

「チャンスがあれば(逃げたい)逃げ出そう」

と決意
した

女子生徒は保護された後、捜査員に「捜してくれている。逃げなければと思った」と説明したという。

寺内容疑者の説明が嘘と知って脱出を決意したとみられる。

「室内を掃除中に(現金170円を)見つけた。逃げる時に使えると思い、持っていた」

3月27日午前、寺内容疑者は「秋葉原に買い物に行く」と女子生徒に伝え外出した。

その後、女子生徒は、現金170円と生徒手帳を持ちアパートから逃げ出した。

27日正午、中野区のマンションから南に約300メートル離れたJR東中野駅の公衆電話から母親に連絡

その後、母親と女子生徒が110番通報し、駆けつけた警察官にJR東中野駅で保護された。

なお埼玉県警はこの日、中野区のマンションを家宅捜索し、制服とジャージーを押収し

ジャージーには生徒の氏名が刺しゅうされ、制服には生徒の中学校のバッジがついていたという。

〈ページの先頭に戻る〉


-


2年ぶりに両親との再会


女子生徒は保護された後、病院に検査入院した

女子生徒の父親が28日、埼玉県朝霞市内で記者会見し、女子生徒と27日夜に病院で再会した時の様子を話した。

検査入院のため車椅子に乗っていた女子生徒は笑って手を振り、父親も手を振って「お帰り」と話しかけたという。

父親は約2年ぶりに再会した娘の印象について「5センチくらい身長が伸びた」「しゃべっていて大人っぽくなったな(と思った)」

「今、本当にすごくほっとしています。他には思い浮かばないです。行方不明になる前の日常生活を取り戻してあげたい」

などと語り寺内樺風容疑者の顔については、「心当たりはない」とし

「容疑者に対して何も考えられる状態にない。それより娘のケア(に尽くしたい)」

女子生徒は「お父さんとお母さんが一生懸命チラシ配ってたの知ってるよ。ずっと見てた」と話したという。

〈ページの先頭に戻る〉


-


まとめ〈所持品は生徒手帳〉


女子生徒は中学1年の終わり頃、寺内樺風容疑者に騙され誘拐・監禁された。

無事保護されたのは2年後の同級生が卒業式を迎えた数日後だった

女子生徒が保護されたときの所持品は現金170円と生徒手帳だけだったという。

誘拐から保護されるまで2年間、生徒手帳を持っていたことに驚き

下校途中に誘拐された、ということを生々しく感じ

監禁された女子中学生の純粋さを感じる。

〈ページの先頭に戻る〉



埼玉県朝霧市〈女子生徒保護の第一報記事〉

占い師が2年前〈寺内容疑者〉を透視していた!








・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。