記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人事件〈内縁の夫〉妻を包丁で刺し首を絞め殺害 青森県青森市

3月25日午前1時半ごろ、青森市沖館4丁目のアパートの2階で、住人の職業不詳高村牧子さん(53)=五戸町出身=が、刃物で左脇腹を刺され、血を流して倒れているのを、アパート大家の親族の男性が発見し、119番通報した。


殺人事件があった青森市沖館4丁目のアパート2階の部屋を調べる捜査員=25日午前4時半ごろ

高村牧子さんは市内の病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

司法解剖の結果、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死と判明。

青森署は同日、殺人容疑で、同居していた無職北川勝美容疑者(47)を逮捕した。

北川勝美容疑者は容疑を認めており、同署が動機などを追及している。

逮捕容疑は、25日午前0時ごろから同0時40分ごろまでの間、青森市沖館4丁目のアパートで高村牧子さんの腹部を包丁のような刃物で刺し、首を絞めて殺害した疑い。

青森署や青森県警捜査1課によると、発見者の男性は高村牧子さんの部屋で火災報知器が鳴っているのに気付き、部屋に様子を見に行ったところ、居間であおむけに倒れている高村牧子さんを発見した。

入り口のドアは施錠されていなかったが、部屋の電灯は消えており、荒らされた形跡もなかった。

現場に駆け付けた警察官が調べたところ、部屋からは包丁数本が見つかったが、凶器に使われたものかは不明。

高村牧子さんの刺し傷は左腹部に2カ所だった。

青森署は事件発覚直後から同居していた北川勝美容疑者の行方が分からなくなっていたことから、何らかの事情を知っているとみて捜索。

午後0時55分ごろ、青森市内の大型入浴施設で北川勝美容疑者を発見。

任意同行を求め、事情を聴き、殺人の容疑が固まったとして逮捕に踏み切った。

アパートの関係者によると、高村牧子さんは1週間ほど前に市内の別のアパートから転居してきたといい、「内縁の夫と2人で住む」と話していたという。
写真・出典 デーリー東北新聞社




・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。