記事一覧

荷物検査は〈少女を全裸で〉相模原児童相談所




児童養護施設の子どもたち【電子書籍】





両親から虐待を受け続けた中学2年の男子生徒が児童相談所に保護を訴えたが、児童相談所は保護を拒否し、男子生徒を自殺に追い込む結果となった相模原児童相談所ですが

ここの児童相談所はおかしいのかな?

普通では、ありえない行為をしていたことが明らかになった

相模原児童相談所が昨年8月に一時保護していた7~15歳の少女9人を全裸にして

所持品検査をしていたことが昨年12月に発覚した。

人権侵害として少女自身らが訴えて明らかになるまで、相模原児童相談所は公表しなかった。

保護を訴えていた中学2年の男子生徒が自殺した件についても一部報道で明らかになるまで公表しなかった。








誕生日を知らない女の子【電子書籍】







鳥谷明・児童相談所所長は「4月に開かれる市社会福祉審議会児童相談所措置部会に報告しようと準備していた」と釈明しているという。

加山俊夫・相模原市長は「セーフティーネットである児童相談所で、児童の命を救えなかったことは大変残念。対応内容を検証し、今後、児童の保護に万全な対策が講じられるよう、しっかり対処していきたい」とのコメントを発表した。

入所を希望の中学2年の男子生徒を拒否し自殺に追い込んだ事件

今回明らかになった少女9人の所持品検査を全裸で行った事件

ともに民法の1番始めに書いてある条文に反し不法行為となる

第1条(基本原則)
1 私権は、公共の福祉に適合しなければならない。
2 権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。
3 権利の濫用は、これを許さない。

現所長の鳥谷明氏には厳しい処分をし

普通に人の心を持つ所長に変えたほうが良いと思う。




・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事