記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠州森の石松まつり〈清水一家28人衆〉の仮装行列が登場

遠州森町の名を全国に広めるきっかけになった侠客、森の石松に感謝し、慰霊する供養祭が3月20日の日曜日に行われる


写真・静岡新聞

メイン会場の石松の墓がある大洞院では石松供養祭(13:30分)が行われ

森町の特産品や農産物を販売する「遠州森の名物広場」も開かれる

森の石松まつり・石松道中仮装行列の写真を対象にしたフォトコンテストもある

今年は3年に一度の大祭にあたり、清水次郎長一家28人衆の仮装行列が登場する

清水次郎長一家28人衆の仮装行列は10:30分から森町役場から出発し、森川橋、宇藤歯科医院、天新橋と森町内を練り歩き、大洞院をめざす

その後、森の石松の墓のある大洞院で13:30分供養祭

大洞院で15:20分もち投げが行われる





【森の石松・浪曲口演】



森の石松は、清水次郎長の子分として幕末期に活躍したとされる侠客。

出身地は遠州森町村と伝えられる

浪曲では「福田屋という宿屋の倅」ということになっている

森の石松の「森」とは森町村のことである

【浪曲口演ってなに?】

浪曲師広沢虎康、玉川太福の2人がテレビなどなかった時代の浪曲を口演する

森の石松の話は沢山ある

「二代広沢虎造 清水次郎長伝」

〈石松金比羅代参〉

ある日、石松は次郎長から讃岐への代参を頼まれた。しかし、道中三か月の間、酒を我慢しろという話に石松は辞退する。何とか大政に悟されて、清水を後にした石松。讃岐に渡り無事に刀を奉納し、大坂にやって来た。八軒屋から伏見に向かう三十石の船に乗る。

〈石松三十石船道中〉

酒樽と大坂名物の押寿司を買い、三十石の船に乗り込んだ石松。船中では、船客たちがお国自慢に名物自慢で盛り上がり、さらには親分衆の話を始める。ある江戸っ子が海道一の親分は次郎長だという話に石松は喜んだ。次郎長の子分にもいいのがいるという江戸っ子に、酒と寿司を勧め、話に耳を傾けるが、なかなか自分の名前が出てこない。

〈石松と身受山鎌太郎〉

草津の身受山鎌太郎は丁寧に石松をもてなし、お蝶の御香料金百両、石松の道中の小遣い三十両を差し出した。片田舎のやくざと思っていた石松は、この鎌太郎の貫禄に驚く。

〈石松と都鳥一家〉

生まれの遠州に来た石松は都鳥三兄弟のところにお世話になる。三兄弟に頼み込まれて証書も無しに百両を貸した石松。数日経って催促しても、なかなか返してもらえない…。

〈石松と七五郎〉

小松村の閻魔堂の前で兄弟分の七五郎に会った石松。都鳥三兄弟に騙されていることを諭されて、助けてやるからと七五郎の家に行くことに。

〈閻魔堂の欺し討ち〉

泊まって行けという言葉を振り切って都鳥一家へ戻った石松。欺されて連れ出された閻魔堂の脇で、久六の子分と都鳥三兄弟に後ろから肩先を斬りつけられる。

〈お民の度胸〉

血だらけになっている石松をかくまっている七五郎の家に、都鳥一家らが石松を探してやってくる。七五郎の女房・お民が度胸ある啖呵で追い払う。

〈石松の最後〉

都鳥一家が引き上げると、石松は七五郎とお民の計らいに感謝しつつ、浜松へ向かって旅立った。しかし、再び差し掛かった閻魔堂で、都鳥一家に出くわしてしまう。最初は隠れていた石松だったが、卑怯者と罵られることに我慢できず、歩くことがやっとの状態で立ち向かう…!
出典・http://www.u-canshop.jp/



この後、清水の次郎長が都鳥一家に石松の仇を取りに行くのだが…

丁度時間となりました♪また講演願います♪






【石松道中仮装行列】



3年に一度の大祭で行われる清水次郎長一家28人衆に扮する仮装行列が旧い町並みを歩く

森町キャンペーンガールも参加


森町キャンペーンガールの2人
写真・http://www.town.morimachi.shizuoka.jp/



【大洞院】



曹洞宗の寺院で森の石松の墓がある

墓石が砕けているのは清水の梅陰寺にある、清水の次郎長の墓と同じで、森の石松の墓石を持つと博才が上がると参拝者が砕いてしまうから

以前からそうでしたが、砕くことは法に触れ厳しく処罰されます。


写真・http://naniwa1001.blog108.fc2.com/



【森の石松まつり】



〈開催日〉
2016年3月20日(日)
雨天の場合は行列中止

〈会場〉
森市街・大洞院門前
静岡県周智郡森町橘249

〈清水一家仮装行列コース〉
森の石松ほか清水次郎長一家28人衆に扮し

森町役場から出発し、森川橋、宇藤歯科医院、天新橋と森町内を練り歩き、大洞院をめざす

森川橋や天森橋などが絶好の撮影スポット

【石松道中仮装行列 順路徒歩】
森町役場(10:30)
森川橋(10:45)
旧児童館(10:55)
いずか書店(11:00)
中田理容(休憩、11:05~11:20)
宇藤歯科医院(11:25)
新屋旅館(11:55)
城下交差点(昼食・休憩、12:00~12:30)
歴史の散歩道入口付近(12:45)
大洞院石松墓前(13:00~15:30)

〈開催時間〉
仮装行列10:30、浪曲口演 12:20~13:30、供養祭13:30、もち投げ15:20

〈駐車場〉
森町役場・森小学校(森町役場・遠州森駅・森小学校から無料シャトルバス運行)
※大洞院周辺には駐車場はありません

〈問い合わせ〉
森町観光協会 電話 0538-85-6319



【地図】



《森町役場》静岡県周智郡森町森2101−2

《森町役場》は新東名高速道路『森掛川IC』と『遠州森町パーキング』のスマートICの中間にあるので距離は変わらない



《大洞院》静岡県周智郡森町橘249

《大洞院》へは、新東名高速道路『遠州森町パーキング』のスマートICを利用すると便利








・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。