記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈岡村ラジオで悪口〉めちゃイケ三中の黒い部分を編集でカット

三中さんは2010年秋の公開オーディションで「唯一の素人」としてレギュラーメンバー入りを果たした。

以来5年半にわたって「めちゃイケ」で活躍してきたが、長年の夢だったお笑い芸人を本気で目指すことを決意。

高校時代の同級生とお笑いコンビ「サンプライズ」を結成し、最終的に、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと契約した。

素人枠だった三ちゃんをプロになっても出演させ続けるべきなのか――。

2016年2月27日放送の番組では、サンプライズがネタを生披露した上で、レギュラ―存続をかけた視聴者投票を実施。

結果はまさかの不合格で、卒業することが決まった。

放送後、ネット上には「イジメみたい」「残酷」との声も上がっていたが、岡村さんは3月4日未明放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で

「このままずっと『めちゃイケ』におってもね、正直ろくな人間にならなかったと思うんですね」

と切り出すと、

「ずっといろんな人が『しっかりやらなあかんよ』ということを言ってきたんですけど、なかなか伝わらなくて。

三中の根っこにある悪い部分が4~5年でチラホラ見え始めて。

それをうまいこと『めちゃイケ』(の編集)では切ってきて、『可愛らしい三中』を見せてきたんですけども、段々それもできんようになってきた」

と打ち明けた。




・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。