記事一覧

〈父エアガンで娘撃つ〉傷害容疑で逮捕 三重県四日市

同居する中学2年の長女(14)をエアガンで撃ってけがをさせたとして、三重県警四日市南署は26日、三重県四日市市の自称トラック運転手の男(44)を傷害の疑いで逮捕した。



 容疑は14日午後4時50分ごろ、自宅のリビングで中学2年の長女に向け約2メートルの至近距離でエアガンを数発撃ち、右太ももや右手に全治2週間のけがをさせたとしている。

警察の調べに、自称トラック運転手の男は「午後4時に帰ってくるように言ったが、守らなかったので腹が立った」と容疑を認めているという。

 四日市南署によると自称トラック運転手の男は妻、長女、次女と長男の5人暮らしで、家宅捜索で4丁のエアガンを押収した。

四日市南署は他に虐待行為があった可能性もあるとみて調べる。中学2年の長女は「約束した帰宅時間に遅れたので、怒られたのだと思う」「前にも撃たれたことがある」と話しているという。

 三重県四日市の児童相談所が24日に中学2年の長女を保護し「体にあざのある生徒がいる」と四日市南署に通報した。
引用元・毎日新聞






【記事一覧】
サイトマップ・記事一覧
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事