記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈小6教師〉テストせず成績つけ学校が謝罪 京都市右京区

京都市右京区の市立小で6年を担任する男性教師(35)が、学校で決められたテスト回数の約4割を実施しないまま成績を付けていたことが24日に分かった。



実施したテストも大半を返却していなかった。京都市右京区の市立小学校校長は「あってはならないこと。大変申し訳ない」としている。

学校や京都市教育委員会によると、この教師は、担任する小学6年生の児童38人の成績を付けるため、前期中に4教科で計28回のテストをしなければならないが、18回しか行わず、うち15回は未返却で採点したのかも不明だという。にもかかわらず成績表を9月末に渡している。

後期も1月末までに実施すべきテスト22回のうち9回しか行わず、未返却が4回あった。小学6年生の保護者の指摘で1月末に発覚し、学校側は緊急の懇談会を開いて保護者に謝罪したという。

教師は京都市教育委員会に対し「授業に精いっぱいで余裕がなかった」と話しているといい、京都市教育委員会は「懲戒処分も含め、厳しく対応する」としている。



2月25日の京都新聞でこんな記事を見つけた。これによると京都市の小学6年生は年間40回のテストが教育委員会により義務づけられてるようだが京都市右京区の市立小で6年を担任する男性教師(35)は、年間27回しか行わなわず、さらに実施したテストの採点をしたのは8回だという。

小学6年といえば中学進学を控えた大事な学年で、年間40回も行うテストの意味は間違いを直す為のものだろう、速やかに採点しテストを返してもらえなければ生徒は自分の間違いに気付けなくなる。

京都市右京区の市立小で小学6年を担任する男性教師は京都市教育委員会に対し「授業に精いっぱいで余裕がなかった」などと言ってるようだが、何を精いっぱいやっていたのか、それを教えてもらいたい

今年度も残りわずかとなり、京都市右京区の市立小で小学6年を担任する男性教師のクラスは、小学生時代の人生で最も貴重な1年を棒に振ったのではないかと思うと、保護者の心情を察しきれない。




・【最新記事一覧】

カテゴリ別一覧


関連記事
スポンサーサイト

コメント

ずいぶんえらそうだな。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。