記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼寝の邪魔された父親、傷害致死の疑いで逮捕 大阪

大阪府警は2月16日、生後2カ月の長男に暴行し死亡させたとして、父親でアルバイトの貫颯(ぬきはやて)容疑者(22)(堺市西区草部)を傷害致死の疑いで逮捕した。



逮捕容疑は当時住んでいた大阪市此花区春日出北3の自宅アパートで昨年3月26日ごろ、長男の阪上誠ちゃんの頭部に何らかの暴行を加えたとされる。阪上誠ちゃんは同日夕、意識不明の状態で病院に運ばれ、1週間後に亡くなった。

阪上誠ちゃんの頭には激しく揺さぶられたことがうかがえる硬膜下血腫が複数見つかり、虐待を疑った病院が大阪府警に通報した。死因は外傷性脳浮腫だったことが司法解剖の結果明らかになった。

貫颯容疑者は当初「泣き出した子供(阪上誠ちゃん)の機嫌を取ろうと持ち上げた際に布団に落としてしまった」と大阪府警の任意聴取では説明していた。しかし、阪上誠ちゃんは何度も頭を揺さぶられるなどの暴行を受けた疑いが複数の鑑定医が調べた結果強まった。

傷害致死容疑で逮捕後の貫颯容疑者は「昼寝中に子供の泣き声で起こされてイライラし、布団の上に落としたら動かなくなった。パニックになり、前後に揺さぶった」と供述しているという。

大阪府警捜査1課によると、貫颯容疑者は当時、妻(28)、阪上誠ちゃん、長女(2)との4人暮らし。買い物先から帰った妻に阪上誠ちゃんの異変を知らせ、貫颯容疑者自ら救急119番した。妻とは阪上誠ちゃん死亡事件後に離婚している。

貫颯容疑者は昨年10月、報道陣の取材に「何も話すことはありません」と答えていた。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。