記事一覧

カップ麺が伸び父親激昂、息子に暴行で逮捕 北海道

北海道、父親がカップラーメンの麺が伸びていることに腹を立て息子を暴行し逮捕



小学5年の次男(11)を殴りけがを負わせたとして、北海道警中標津署は2月16日、別海町の会社員の男(51)を傷害と暴行の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、自宅で2月4日夜、カップラーメンの麺が伸びていることに腹を立て、湯を入れさせていた小学5年の次男(11)に殴るけるなどの暴行を加え、顔に約1カ月のけがを負わせた傷害と暴行容疑。父(会社員の男)は「やり過ぎました」と容疑を認めているという。

小学5年の次男(11)に父(会社員の男)(51)はカップ麺に湯を入れさせている間に酔いが回って寝込んでしまった、父(会社員の男)の目が覚めた時に『なんで起こさないんだ』と激高し、小学5年の次男(11)に殴るけるなどの暴行を加え、顔に約1カ月のけがを負わせ、さらに父(会社員の男)は中学1年の長男(13)にも顔を殴る暴行を加えた疑いがある。
中学3年の長女(14)が仲裁に入ってようやく収まった。

北海道警中標津署によると父(会社員の男)は数年前にも児童虐待の疑いで中学3年の長女(14)中学1年の長男(13)、小学5年の次男(11)が保護されたことがあるという。 

北海道警中標津署によると、父(会社員の男)は子ども3人との父子家庭で妻とは離婚しているという。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事