記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インフルエンザ』の症状を説明します!

そろそろインフルエンザが猛威を奮う季節になってきた。会社や学校、幼稚園など人の集まるところで『ゴホゴホ』とした咳を聞くと、『この人(この子)もしかしてインフルエンザ?』などと疑いをもったりもたれたりする季節だ。

インフルエンザ感染の疑いがあるなら直ちに医師への診断、人との接触を避けることが原則になっている。

そこで今回は『インフルエンザ感染を疑うべき症状とは』どんな症状なのか?について調べた。



【インフルエンザの症状】




『からだが重い・だるい』

・普段なにも考えずにできること(歩く・階段を上る・車のハンドルを回すなど)が、足や腕が重く感じ辛くなる。

からだの重さを感じる。個人差があるがインフルエンザの症状は、家のトイレに行くのも尋常ではない辛さとなる。

『寒気がする』

・寒気がする。服を何枚着込んでも、とにかく寒い。

風邪をひいても寒気はあるが、インフルエンザの症状は風邪のときの『なんか寒気がする』ではなく、とにかく寒い。

『関節が痛い』

・腰や膝、肘など体中の関節が痛み、動くのが嫌になる。

風邪をひくと関節の痛みを感じるがインフルエンザの症状も同じ。個人差があるがインフルエンザの関節痛だと、痛みの度合いが風邪よりも強い。

『高熱がでる』

・38度以上の高熱がでる。

高熱には個人差があり一律何度ということはできないが、インフルエンザの症状は普段の風邪とはあきらかに違う高熱でる。

『子供のインフルエンザの症状』

特に自分の症状を伝えることができない小児には親の観察・注意が必要

・母乳やミルク『食事を取らない』
・親の目から見て、普段と違う。活気がない。(よく寝る(グッタリしてる))
・鼻汁、鼻づまり
・目やに、赤目。
・耳たぶを引っ張っぱると痛みを訴える

『高齢者のインフルエンザの症状』

・高齢者の場合は、肺炎などの合併症を伴って上記インフルエンザの症状よりも重い経過をたどることがあるので2世帯など大家族で暮らす家庭では要注意が必要になる。



【インフルエンザの症状まとめ】




風邪の症状と同じだか痛みなどの度合いが違い、あきらかに体がおかしいと感じることが多い。いずれにしても早めの診察が大事だ。
最後にインフルエンザ予防の参考に、どのようにインフルエンザが人から人へ感染するのがその感染ルートを説明しよう。



【インフルエンザ感染ルート】




『インフルエンザ感染は主に次の3つのルート』

・患者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入る経路
・患者の咳、くしゃみ、つば吐き出しなどにより発生したウイルスを吸い込む経路
・ウイルスが付着した物や、握手のような直接的な接触により、手を通じ口からウイルスが侵入する経路



自宅で簡単20分。くつろぎながらLEDライトを歯に照射するだけ!ホワイトWスター






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。