記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMAP『ロックンロール』内田裕也激怒!

ロック歌手の内田裕也(76)が、SMAP解散騒動について、事務所独立を考えていたメンバー4人と女性マネージャーを厳しく批判した。



29日の内田裕也ツイッター





過去に自身がプロデュースする時代劇映画の企画があり、木村拓哉をキャスティングしようと事務所に連絡し、そこでSMAPの育ての親とされるマネージャーと対面した。

しかしオファーの返事は先延ばしにされ、マネージャーからは1年経っても音沙汰無し。再度連絡すると、ほかの映画への出演があるとの理由でタイミングが合わず。

その1年後にも同じことが再び繰り返された挙句『この話は無かったことに』と断られたという。

さらにこの断りの連絡が電話だったこともあり
内田裕也は激怒(ロックオン)。


『この世界で依頼を断る時は、ちゃんとアポイントメントをとって、俺の目を見て話すのがマナーだろう!』

俺はかなり怒っていた!とその時の電話を振り返った。

 内田裕也はその後、メリー喜多川氏から直接謝罪したいとの連絡を受けたこと、その謝罪を断ったことを明かした。

内田裕也はこのエピソードで、所属事務所がマネージャーやタレントのフォローをしていることを示し

『独立して一体何をしようというんだ!ジャニーズ事務所あってのSMAPだろう。ハッキリ言ってやろう。悪いのはこの女性マネージャーと4人のメンバーだ!甘く見るんじゃないよ、日本の芸能界を!』

とバッサリと切り捨てた。

 そして自身が長きにわたって芸能界で生きてくることができたのは『周りの大勢の人に助けられてきたからだ!』とし

『SMAP君、いい機会だ、これをどう逆転していくのか、皆一度謙虚になって打算を考えないでマジにぶつかって行けよ。いい歳のとり方をして、いい味を出してくれ!』

『ロックンロール?』

と呼びかけた。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。