記事一覧

綾瀬はるか『わたしを離さないで』ストーリーがヤバすぎる!

年々ドラマのストーリーが複雑かつ怪奇的になってきたと感じる。1回見逃してしまうと『落ちこぼれ』のようにドラマについていけなくなってしまう。
綾瀬はるか主演『わたしを離さないで』も、そういう意味で見逃せないストーリーになってきた。



綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみ共演のヒューマン・ラブストーリー『わたしを離さないで』は、1月29日(金)夜10時より放送される第3話から、いよいよ青春期がスタート! 生まれながらに“提供”という使命を背負った主人公たちの青春が、どのような展開をみせるのか? 少しずつ明かされていく秘密とともに見逃せない。

また、第3話から本格的な登場となる三浦春馬は、さっそく華麗なサッカーシーンを披露。撮影現場では、正月休み返上でリフティングの練習に励んでいたという三浦春馬のサッカー姿にも、ぜひ注目したい!

“森の殺人鬼”事件の真実が描かれた第2話。

前回第2話では、学苑の外に向かった少年2人が行方不明になるという“森の殺人鬼”事件の顛末と、その真実が描かれるなか、幼少期の恭子(鈴木梨央)は、「なぜ学苑の外に行ってはいけないのか?」「私たちは“提供”のためだけに生まれてきたのか?」と、様々な疑問を募らせるようになっていった。

そして同時に、学苑の生徒たちが、「卒業後、良き“提供者”と“介護人”になるべく育てられている」こと、「卒業後3年間は“提供”を免れる」ことなどが明かされたのだった。

第3話からは、感情うず巻く青春期がスタート。学苑を卒業する恭子たちの未来は!?

1月29日(金)に放送される第3話では、幼少期から月日が流れ、いよいよ陽光学苑を卒業する年齢になった恭子(綾瀬はるか)たちの姿が描かれる。

学苑での寄宿生活から、生活の場をコテージに移すこととなった生徒たち。誰と一緒に、どこのコテージに行くか? と悩んでいた恭子は、同級生の花(大西礼芳)から、「一緒にいても疲れるだけの美和(水川あさみ)とは離れて、自分たちと一緒に来ない?」と誘われる……。

迷う恭子が、友彦(三浦春馬)にどこのコテージに行くつもりか尋ねると、「恭子の決めたところでいい」と言われ、戸惑いながらも喜びを覚えるのだが……!?

一方、そんなある日、「将来サッカーのプロチームに行きたい」という夢にむかって希望を抱いている友彦に対して、かつてサッカーを通して希望を教えてくれた女性教師・堀江龍子(伊藤歩)は、「あなたたちは何者にもなれない」と辛辣な言葉を投げかけるのだった……。

見逃せない展開が続く衝撃のドラマ『わたしを離さないで』。見逃し配信でまだ間に合う!
「ついに動き出す、いびつな三角関係」という惹句に心をつかまれる3話の予告映像では、「夢なんて見たって無駄なの!」と叫ぶ龍子先生や、「わたしたち付き合うことにしたの」と恭子に語った美和が友彦とキスする姿が切り取られていて、その複雑に絡み合っていく友情と希望のゆくえから、ますます目が離せなくなりそうだ。

毎回衝撃的な展開が続いているドラマ『わたしを離さないで』だが、金曜ドラマ『わたしを離さないで』公式HP(http://www.tbs.co.jp/never-let-me-go/)には、これまでの放送内容を簡潔にまとめた「3分でわかる!『わたしを離さないで』SPダイジェスト」動画も掲載されている。

また、放送済の1&2話も見逃し配信を利用すれば、次回第3話がさらに深く楽しめるはずだ。ぜひ原作小説とあわせてチェックして欲しい。



自宅で簡単20分。くつろぎながらLEDライトを歯に照射するだけ!ホワイトWスター






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事