記事一覧

歯の黄ばみの原因と対策



歯の黄ばみを治すには?


TVで芸能人を見ると
『あれ?この人こんなに白い歯だったかな?』
などと思うことがチラホラある。


(芸能人好感度ランキングより)

ピカピカに輝き過ぎて違和感を感じる歯をした芸能人もいて、あれはやり過ぎだな、などと思うこともあるが適度に輝く白い歯だったら憧れてしまう。

今回は、自分も白い歯になれるのか?芸能人はどうやって綺麗な白い歯を手に入れたのか?を説明しようと思う。



黄ばんだ原因


黄ばんでしまった原因は、大きく3つあり

①歯の表面に細かいキズが付き、そこに汚れが付着している

②コーヒーなどの着色の強い食べ物で染まった

③もともとそんなに白くなかった

この3つの原因うちどれか、ではなく全てが原因で歯が黄ばんでしまう。そしてこの①②③の順番通りに改善策の難易度が増していく



白くするには


【表面のキズによる歯の黄ばみ】


まず表面についた汚れだが、原因がキズなので、なんでキズがついたのかを考えなければまた同じキズが付き同じ汚れが付いてしまう。

ほとんど場合、原因は歯ブラシにあり。
硬いブラシを強く当て過ぎ歯の表面のピカピカ部分をキズ付けてしまうからだ。心当たりがあるなら歯ブラシを柔らかいものに変え強く擦らないよう磨いてくことを勧める。

歯のピカピカ部分は市販のホワイトニング専用歯磨き粉等をつかえば再成し歯の色も、元の色に戻る。








【着色による歯の黄ばみ】


次に着色だが、これは通常の歯磨き粉で取るのは困難で歯医者さんでホワイトニング(漂白)をしてもらうのが一般的になっている、漂白には2週間ほどかけて自分でする方法と短時間で歯医者さんにやってもらう方法がある。いずれも健康保険は適用されないので、お金もかかる。



【もともと歯が黄ばんでいた】


最後に芸能人のようなキラキラの歯だが歯の表面にセラミックなどを貼り付けて偽装しいる。

歯並びまで綺麗になっているのは、歯並びの悪い数本を小さく削り、そこにセラミックなどキラキラに加工した歯を被せたからだ。

ここまでやるとかなり不自然な歯になる。



まとめ


忙しい時間を割き歯科医に高額な料金を支払ってまでしてキラキラ輝く白い歯を手に入れることはないように思う。

もちろん黄ばんだ歯で良いという訳ではなく、自分の努力の範囲内で白く輝く歯にすることは、将来の自分の為に良いことだと思う。



記事一覧





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事