記事一覧

クロネコ『ヤマト運輸LINEと提携』

ヤマト運輸はコミュニケーションアプり「LINE」を活用することで、「お届け予定メッセージ」や「荷物の問い合わせ」など宅急便の利用がより便利になる機能の提供を1月19日より開始すると発表した。

【いままでとなにが違うのか?】

『時間指定の宅配』

従来の方法でヤマト運輸の時間指定宅配荷物を利用する場合、発送主が荷物を発送する際に、クロネコヤマト運輸の伝票に手書きで到着時間を決め書いていたが、これからはLINEサービスで到着主にLINEメッセージが入り時間変更や場所変更までできる。

『不在連絡サービス』

従来の方法は届け先住所で不在だった場合、ヤマト運輸ドライバーが不在票なる手紙を置き、届け先主が手紙の連絡先に連絡をとり再度宅配していたが、これからはLINEサービスてヤマト運輸ドライバーが不在票を置く代わりにLINEでメッセージがくるようになった。

さらに荷物の問い合わせ、再配達の依頼などをLINEにて行うことができるサービスの提供を開始する。

将来は、従来クロネコヤマト運輸の伝票に手書きで届け先等を書かなければならなかったが、これからはLINEで簡単に作成できるようにするほか、作成した送り状をヤマト運輸の直営店やコンビニエンスストアの店頭端末、集荷にきたセールスドライバーが持つ端末などから印字できるようにし、ユーザーがストレスなく簡単にLINEで宅急便を利用できる環境を構築していく予定だ




LINE内での伝票作成は現在ヤマト運輸内のチームが開発を進めており

「早ければ夏にはお披露目ができるかもしれない」

「将来的には、スマートフォン上で、宅急便の配送から受け取りまで完結するようにしたいと考えています。もちろん、リアルの場でのFace to Faceのコミュニケーションは今後も大切にしていきますが、私たちのオペレーションを情報化しITを活用してユーザーに届けていくことで、さらに親しみやすく便利なサービスとして進化していきたい」

(ヤマト運輸代表取締役社長 長尾氏)




考えてみれば、ほしい商品をパソコン・スマートフォン等で選択し、住所を入力すれば数日以内に手元に届いているというのが当たり前になった時代に、個人間での荷物のやり取りには、今だ手書きの伝票が必要というのは、おかしな話しであったと思う。

【利用方法】

利用方法は、ヤマト運輸のLINE公式アカウントで友だちになり、公式アカウントからクロネコIDを連携させる。

「宅急便e―お知らせシリーズ」を設定すれば、お届け予定などの通知を受け取ることができる。

友だち登録で全8種類のクロネコLINEスタンプがダウンロードできるキャンペーンを、4月11日まで実施している。

【さらなるデジタル化へ】

ヤマト運輸は2019年に創業100周年の節目を迎える。サービス開始初日の取り扱い荷物は11個。2015年度の取り扱い件数は、およそ17億個にのぼる見込みだといい、同社の宅配サービスが生活に深く浸透していることを感じさせる。

ヤマト運輸・LINEの両社の社長は、ヤマト運輸とLINEの連携を今後さらに強化していくつもりのようだ。

ヤマト運輸がLINEと提携したが、このデジタル化に、ゆうパック・佐川急便がどう対抗するのか今後に期待したい。



記事一覧





自宅で簡単20分。くつろぎながらLEDライトを歯に照射するだけ!ホワイトWスター




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事