大河ドラマ真田丸 きり役の『長澤まさみのおっぱい』が進化した!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ真田丸で真田信繁の幼なじみ『きり』役で出演する『長澤まさみ』のおっぱいが進化している




(日刊スポーツ映画大賞)

この写真は長澤まさみが2015年12月28日の映画大賞で助演女優賞を受賞したときの衣装だ

賞は助演だったが、この日は長澤まさみが主役だった

衣装について質問されると

『あえて露出する。身も心も引き締まっていいんです。』

とのこと

長澤まさみのおっぱいのデカさと形がまるわかりになっている

長澤まさみというと、カルピスのCMが代表的でグラビア系というよりもハツラツとした健康的アイドルという印象だった

しかしこの衣装で受賞式に出演したということは、本人もイメージを変えたがっていたのかもしれない。

ちなみに長澤まさみは静岡県出身で父親はサッカーの名門清水東高校出身だ

Jリーグ発足時に静岡県のチームのジュビロ磐田の監督をしていた

長澤まさみが芸能界入りしたのは静岡では、おなじみのゴン中山が係わったとか係わってないとかいう噂もある。

とにかく長澤まさみは静岡県清水区とはとても縁の深い芸能人だ



長澤まさみは、2016年1月からスタートしたNHK大河ドラマ真田丸で主役である信繁(堺雅人)の幼なじみ『きり』役で出演するが、演技以外の見どころも増えてしまった。



大河ドラマ真田丸 いままでのあらすじ


サイトマップ 記事一覧






関連記事
ページトップ