記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨ほうとう『ほうとう 小作』メニュー画像あり

今回は清水区のお隣り山梨県の名物『ほうとう』を紹介しようと思う



山梨ほうとうと言うと1番にカボチャが思い浮かび、次いで平べったい麺となり、最後に考えつくのが『うどんやきしめんと、どう違うのか?』となるのではないだろうか

そこで、ほうとうとはなんだ?から説明する、私の直感は、うどんにカボチャを入れたものがほうとうだと思うが、Google大先生はなんと答えるか、聞いてみようと思う。

長々としたグーグルでの検索結果を読み私の感想をひとことで言うと『ほうとう』は『ほうとう』であって『うどん』ではない

補足するとカボチャが入ってなくても、『ほうとう』なら『ほうとう』となる
名古屋の『きしめん』もこのスタンスで『きしめん』を名乗り、『うどんぢゃない!』といっている

作る人や食べた人が『ほうとう』だと思えば『ほうとう』になる?てことなのか?
Wikipediaほうとう参照

とは言うものの、やはりカボチャの入った『山梨ほうとう』が食べたい、そこで今回は山梨県に10店舗のほうとう専門店をもつ『小作 』の河口湖店に行ってみた



清水のスマル亭みたいな店を想像していたが想像とは全然違い本格的な和風レストランといった建物で駐車場も広かった

店内も凝った造りで昔の囲炉裏のある和室といった感じだ

メニューを見て驚いたが、ほうとうだけでこんなにある、流石本場の山梨ほうとうだ



どうせなら熊かスッポンを食べたかったが予算の関係で『辛口豚肉ほうとう』になった



鍋料理の〆に食べるうどんといった感じで、味がしっかりしていて、ほうとうをおかずにご飯が食べたくなった

値段が高いが『ほうとう小作』店舗 の外観・内装・座敷全てが料理の『山梨ほうとう』を演出していて山梨に来たという観光気分を盛り上げ満足できる味だった。



天気もよく富士山がバッチリ見え、いい1日になった。


ほうとう小作
〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津1638−1


サイトマップ 記事一覧








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。