記事一覧

ついに出た!『富士山に顔つき笠雲』

富士山は連なった山とは違い単独の山なので、湿気をふくんだ風が富士山に直接ぶつかり上昇する

上昇するにつれて、富士山に笠をかぶしたりといろいろな形をした雲を見ることができる。

産まれも育ちも清水人の私は、いろんな富士山にかかる雲を見てきたが今朝の雲は珍しかった

清水区天王付近国道1号バイパス

博士号の帽子といおうか、三度笠といおうか帽子をかぶった人にしか見えないのだ

あえて説明はいらないと思うが、山頂が顔で下の山が体、銅像のように見える

しばらく見てると少し崩れ、三度笠をかぶったお侍さんの横顔に見えてきた
よく見るとなかなかのイケメンだ



暇なので御当地清水の英雄、次郎長の旅姿とコラボさせてみた


清水の次郎長雲

富士山が笠をかぶれば近いうちに雨と言われているが、まさにこの日は午後から雨になった。


サイトマップ 記事一覧















関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事