記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横須賀『護衛艦いずも』特別公開

護衛艦いずも特別公開の話をしようと思う

『いずも』とは?を話す前に言っておくが、見学したいからといっていきなり横須賀海軍基地に行っても見学できない。
何月何日に特別公開をすると自衛隊が決め、それに応募してから見学できる。
今回は9000人の募集に4万人の応募があった。

左がハズレで右が当たり
いずもとは解りやすく一言で言えば空母だが

日本国憲法の精神に照らし合わせると『ヘリコプター搭載護衛艦』となる。



長さ 245m 幅 38m、長さ245mというと国立競技場のグランドが一周回ると400mなので直線距離では国立競技場よりデカイということになる


甲板も広い 写真右の建物が操縦室



横には潜水艦



反対側には軍艦が並ぶ

とにかくデカイ・広いしか語れぬままデッキ下の格納庫へ



デッキの下も広くデカイ、本来ならここにヘリコプターが満載され



このデカく広いエレベーターでデッキにでて飛び立っていく



護衛艦なので機関銃らしきものもあり、近くに解説があったので読むと20mm機関砲というらしく、敵から放たれた対艦ミサイルから『いずも』を守る最後の砦で、センサーでミサイルを感知し1分間で4500発撃て、飛んでくるミサイルを自動で打ち落とせると解説されていた


海上自衛隊 横須賀


サイトマップ 記事一覧













関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。